to the TOP
元ホームレスのミュージシャンと猫のボブ。黄金コンビが運命の相手と結ばれる♡

元ホームレスのミュージシャンと猫のボブ。黄金コンビが運命の相手と結ばれる♡

                               

黄金コンビニ嬉しいニュースが飛び込んできた。

 

猫が変えた元ホームレス男性の運命

ミュージシャン兼作家のジェームズさんと猫のボブ。この2人が起こした奇跡はあまりに有名。

2007年、元ホームレスで薬物依存だったジェームズさんはケガをしていた野良猫のボブを救う。お互い身寄りがなく、行く場所がなかった。だから、お互いがお互いのためにいる場所になろうと、一緒に暮らしていくことを決意。

「キミがいるところが、ボクが行くところ」
「キミがいるところが、ボクが行くところ」

ボブはジェームズさんとどこまでも一緒だった。ストリートライブに参加すれば、「いい演奏だったね!」のハイタッチを披露。お客さんは増え、収入は何倍にもなった。

ボブのハイタッチは行く人々の注目を集めた。
ボブのハイタッチは行く人々の注目を集めた。

2人のストーリーは2012年に書籍化。世界40カ国で翻訳出版され、900万部を超えるベストセラーとなった。2017年に映画化もされ、ナショナル・フィルム・アワードでは最優秀英国映画賞を受賞、今年には続編が上映される予定だ。

元ホームレスと野良猫だった時代からは想像がつかないほどに、何もかもが変わった。まさに、奇跡だった。

 

運命の相手が見つかる、しかもお互いに

そして今年6月、ジェームズさんが婚約した。お相手の女性はモニカさん。

お互いの趣味は音楽。お似合いの二人。
お互いの趣味は音楽。お似合いの二人。

ジェームズさんとモニカさんは共通の知り合いを通じてフェイスブックで知り合った。ジェームズさんの本のことは最初は知らなかったというモニカさん。偏見を持たず、ゼロからお互いのことをよく理解しあうことができた。

ジェームズさんが彼女となる女性につけていた条件があった。それは「僕と同じくらい猫のボブを愛すること」、として「猫のボブが認める相手であること」。

それは、全然心配いらなかった。モニカさんは自身をクレイジー・キャット・レディーと認める大の猫好き。

そして猫のボブもモニカさんが大好きだ。今は毎朝、モニカさんのお布団の上に飛び乗って朝ごはんのおねだりをするのだという。

でも運命の相手を見つけたのは、ジェームズさんだけではない。なんと、猫のボブにも運命の相手が見つかった。

モニカさんは猫も連れてきた!
モニカさんは猫も連れてきた!

モニカさんの愛猫、マダム・ポンパドール、通称ポムポム。

猫同士の相性は良いときもあれば、本当に悪いときもある。ジェームズさんとモニカさんも最初は心配だったというか、ボブはポムポムを喜んで迎えた。

ボブとポムポムは、一緒に走って遊び、丸まってお昼寝をする。ボブとポムポムは去勢済みなので猫の子供は望めないが、その暮らしは本当に恋人同士のように仲良しだという。

 

生活は劇的に変わった、でも変わらないものもある

ジェームズさんとボブについての書籍は世界でベストセラーとなり、映画は世界中で上映され賞を受賞し、アニメ番組だってある。

もちろん、今はもう路上には住んでいない。猫のオヤツとおもちゃがたくさんあり、猫のボブとポムポムが遊べる中庭を備えたお家がある。

お金もたくさんあるが、ジェームズさんは「屋根があって、自分たちが食べていけるお金があれば十分だ」と言い、多くのお金をホームレスの支援団体や野良猫の保護団体などに寄付し、各国でチャリティ活動を行っている。

そして、ジェームズさんは今もミュージシャンとして音楽活動を続けている。小さい頃の夢は、バンドマンだった。

好きなことは、ずっと続けている。
好きなことは、ずっと続けている。

猫のボブは、推定14歳〜15歳、人間でいうと70歳。ボブがいなくなった生活は考えたくはないが、猫が人間よりも短命であることは事実。

ボブは僕の人生を変えてくれた。そして彼女のモニカさんも、きっとボブが連れてきてくれたんだと思ってる。ボブがいなくなっても、僕が寂しくないようにね」とジェームズさんは話した。

みんな仲良しの家族!
みんな仲良しの家族!

猫と起こしたたくさんの奇跡。その奇跡を見て、またたくさんの人にも奇跡が起こればいいなと思う。

Source:Daily Mail

 

最後まで読んでくれてニャりがとう♡こっちも読んでみて。

▼ 猫は人の人生を変えてくれる。

Similar articles:

「永遠の子猫」リルバブが死去。多数の遺伝子疾患を持って生まれた奇跡の猫。
「永遠の子猫」リルバブが死去。遺伝子疾患を持って生まれ、数々の奇跡を起こした猫。

ありがとう、リルバブ。あっちで、きっと今頃走り回って遊んでいるかな。   奇跡の猫リルバブが死去 今週月曜日、240万人ものフォロワーを持つ全米で大人気の猫 “リルバブ” のインスタグラ

ピアノのメロディーに恍惚の猫たち。猫に命を助けられたピアノマン、「今度は僕が猫を助ける」。
ピアノのメロディーに恍惚の猫たち。猫に命を助けられたピアノマン、「今度は僕が猫を助ける」。

猫と歩む人生は喜びしかない。   ピアノマンと猫、その命のドラマ トルコに住むサーパーさん。自身のインスタグラムでは100万人以上のフォロワーがいて、猫好き界隈では知っている人も多いだろう。 音楽の先生をしなが

                       

おすすめニャース:

ある日突然、見知らぬママ猫と4匹の子猫がベッド下に。いきなり猫パパになった英男性、子猫に超夢中。

2020.01.19

ある日突然、見知らぬママ猫と4匹の子猫がベッド下に。いきなり猫パパになった英男性、子猫にメロメロ。

人が猫を選ぶんじゃなくって、猫が人を選ぶってこのこと!   ある日突然、猫パパになった イギリス・ロンドンで映画やテレビ番組のディレクターをしているパリスさん。これまで猫と無縁だったパリスさんの人生は、2018年5月30日を境に大きく変わった。 ...

迷子になった黒猫、見つけたと思いお家に入れた黒猫はソックリさん。→2時間後に本物の黒猫参上!両方ともお家に子に。

2020.01.17

迷子になった黒猫、見つけたと思いお家に入れた黒猫はソックリさん。→2時間後に本物の黒猫参上!

黒猫ソックリさんが捕まった。   迷子になったぽっちゃりな黒猫 昨年のクリスマス直前の12月21日、イギリス・ロンドンに住むベンさん一家が住むお家から、一緒に暮らしていた黒猫のオーギーが姿を消した。 ...

乗船した3隻の戦艦が沈没。しかしいずれも生還した "不沈のサム" と呼ばれた猫。第二次世界大戦。

2020.01.15

乗船した3隻の戦艦が沈没。しかしいずれも生還した “不沈のサム” と呼ばれた猫。第二次世界大戦。

その猫はまさにレジェンド。   不沈の猫 1940年代の第二次世界大戦中、戦艦のマスコットとして愛された黒白猫。 サムが乗り込んだ3隻の戦艦は、すべて攻撃を受けて沈没した。しかし、その猫は戦艦が沈没しても生還し続けた。 ...

todaysmeows
                       

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。