to the TOP
ネコが好きすぎるロシアの猫街・ゼレノグラーツク。ネコ長官、ネコ信号、ネコ美術館でネコづくし。

ネコが好きすぎるロシアの猫街・ゼレノグラーツク。ネコ長官、ネコ信号、ネコ美術館でネコづくし。

                               

ロシア西部にあるリゾート地、ゼレノグラーツクはも世界有数の “猫の街” として知られる。ただこの街は、少々、猫好きが過ぎている。

 

どこでもネコがいっぱい

この街に来た観光客がまず挨拶に向かうのは、市の中心にに置かれた、市民の愛猫・アムールちゃんのモニュメント。

寒い時期にはマフラーを巻いていたりと、シーズンに合わせたスタイリングもバッチリ。

日本のお地蔵さん的な扱い?
日本のお地蔵さん的な扱い?(写真:tripadvisor

そう、この街は市全体で、全市民がネコを愛している。

ウォールアートもネコならとってもクール!
ウォールアートもネコならとってもクール!(写真:LIFE WITH CATS

街の入り口からしてすでにネコ!
街の入り口からしてすでにネコ!(写真:@volnanews

 

ネコ長官、ネコの世話焼き担当者がいる

ゼレノグラーツクに住む野良猫は約70匹。街に住む全ニャンコが幸せであるために、2018年秋、市は正式に “ネコ長官” の役職の人間を募集した。

約80人の猫好きな人間からの応募があり、採用されたのはスベトラーナ・ログノワさん。ネコ長官には毎月5,700ルーブル(約10,000円)の予算が与えられ、ネコのエンブレムが入ったグリーンの素敵な制服が支給された。

気になる仕事内容は、ネコにご飯をあげること、ネコを撫でること、ネコと遊ぶこと、ネコを自転車のカゴに入れてあげること。つまりネコに愛情をそそぐこと。

こんなお仕事なら残業だって嬉しいもんさ!
こんなお仕事なら残業だって嬉しいもんさ!(写真:The Moscow Times

猫好きな人間にとっては夢のようなお仕事だ。
 

信号がネコで超かわいい

この街で信号を渡るのは人間だけではない、ネコだって堂々と渡りたい。ネコを気遣ってか、街にはネコが座る(赤)、歩く(青)のかわいいネコ信号がある。

ネコだって信号は守らないとね!
ネコだって信号は守らないとね!(写真:The Moscow Times

こんな信号なら絶対守ってしまう。

 

ネコ美術館はネコに溢れたワンダーランド

この街に来たら外せないスポット、それは街の中心に位置するネコ美術館。5階建ての美術館はネコで溢れている。

美術館の始まりは1985年、ネコ好きの夫人が集めた膨大なネコグッズのコレクション。そして今では、ガラスのネコからネコのぬいぐるみ、ネコの絵、木彫りのネコなど、ありとあらゆるネコのグッズを眺めることができる。

圧巻のコレクション!
圧巻のコレクション!(写真:Life-globe.com

少し奇妙のような、不気味なような気もしなくもないが、猫街・ゼレノグラーツクの中心的スポットなので、必ず訪れるようにしよう。

 

日本の “美術館に入りたい猫” のことをすごく気にしている

そしてゼレノグラーツクと日本、とりわけ広島県の尾道市とは親交が深い。

尾道にある尾道市立美術館にずーっと入館を試みているけど未だに入れていない、有名な2匹の猫のことが、ゼレノグラーツクは大好きなのだ。

美術館には入れないことを見かねて、ゼレノグラーツクに美術館への無料入館付きで招待したり、2匹に素敵な首輪と猫小屋をプレゼントとして贈ったりしている。

Similar articles:

ロシアの街が日本の美術館への入館を試みる猫2匹を正式招待。しかしやんわり断られる。
ロシアの街が日本の美術館への入館を試みる猫2匹を正式招待。しかしやんわり断られる。

「猫と警備員の攻防」とした動画で世界的に有名になった日本の2匹のニャンコ。 その様子に世界で “頑張って!” と応援ムード一色だ。 2年もがんばるニャンコの様子に世界中の人間が心動かされる 事の発

日本の “美術館に入りたい猫” のことが大好きなロシアの猫街。今度はプレゼントを送る。
日本の “美術館に入りたい猫” のことが大好きなロシアの猫街。今度はプレゼントを送る。

ロシア西部のリゾート地にある猫の街・ゼレノグラーツクは、他国のネコも大好きらしい。   日本の “美術館に入りたい猫” が気になってしょうがない 広島県にある尾道美術館。この美術館に2年

猫好きなら一度は訪れたいゼレノグラーツク!

                       

おすすめニャース:

猫とネコメンを罰した航空会社、ロシア全土から反感を買う国家非常事態に。燃える猫大国。

2019.11.16

罰としてマイルを没収した航空会社、ロシア全土から反感を買い国家非常事態に。燃える猫大国。

猫による国家非常事態宣言が発動されそうです。   猫スパイをした猫、マイルを没収される 事の発端は先月末。ざっくり言うと、こんなところである。 ロシアのネコメンであるミハイルさんと愛する猫のビクターが一緒に飛行機座席に乗ろうとしたが、 ...

おデブで搭乗拒否された猫、痩せた影武者を用意しビジネスクラスで快適な空の旅を楽しむ。

2019.11.12

おデブで搭乗拒否された猫、痩せた影武者を用意しビジネスクラスで快適な空の旅を楽しむ。

ルール違反はダメだけど、ビジネスクラスって羨ましす。   体重オーバーで搭乗拒否された猫 ...

【猫からの挑戦】この森のどこかにヒョウが隠れてるよ!ニャン(難)問です、見えるかな?

2019.10.08

【猫からの挑戦】この森のどこかにヒョウが隠れてるよ!ニャン(難)問です、見えるかな?

目を細めて、よーくよーく、見てみよう。   ここのどこかに猫科の動物が ロシア極東にあるヒョウの森国立公園(Land of the Leopard)が公式Twitterに投稿したのは、森林の写真。しかし投稿にはこう付け加えられていた、「ヒョウを探せ!」と。 ...

todaysmeows
                       

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。