to the TOP
煙突の中で6日間も立ち往生していた猫、たくさんの人々の協力で無事に救助される!世の中、捨てたもんじゃない。

煙突の中で6日間も立ち往生していた猫、特別部隊が結成されて無事に救助される!助かる命の裏側には、人々の優しさがある。

                               

こういうニュースを聞くと、心があったかくなる。

 

6日間も煙突の中で立ち往生していた猫

イギリス・ノースデボンで動物の救助や保護を行う North Devon Animal Ambulance のダイアナさんが受けた電話は、地元で葬儀屋を営むウィリアムさんからだった。

ウィリアムさんはとても緊迫した声で伝えた、「寝室の煙突の中に、猫がいるみたいだ」と。幸いにも煙突は使っていなかったが、煙突は4階のお家の屋根まで伸びる高さのあるもので、その細さは30センチほどだった。

ウィリアムさんがカメラで煙突の中を撮影すると、真っ暗の中にエメラルドグリーンの点が2つキラーーーン。間違いなく、猫がこの中にいる。

宝石か・・?いや、猫の目だよね!
宝石か・・?いや、猫の目だよね!

煙突の下にご飯を置いてみたり、小さなハシゴを作って猫が出れるようにしても、一向に出てくる気配がない。どうにもこうにもいかなくなり、すでに6日間が経っていた。

 

猫を助けるため!スペシャルチームが集まる

SOSを受けたダイアナさんは、現場に駆けつけた。実際に見ると、猫を無事に救助するのは無理かもしれないと思ったという。

ウィリアムさんは、壁や煙突にダメージが残ってもいい、何としても猫を助けてほしい、と伝えた。

ダイアナさんは猫を助けられそうな会社にいくつも電話をした。そして消防士さんと、細長い枝の先にカメラがついた胃腸カメラのような高性能で特別な道具を持った排水管のエンジニアたちが集まった。

猫を救うために、いろんなプロが集まり、特別部隊が結成された。

猫救助スペシャル部隊が結成された。
猫救助スペシャル部隊が結成された。

そのカメラを煙突に差し込みんで優しく猫をつつき、降りてきて(落ちてきても)大丈夫だよ、誘導した。

煙突に入るのは、サンタクロースだけで、猫は入らなくていいのです。
煙突に入るのは、サンタクロースだけで、猫は入らなくていいのです。

 

猫の命を救う優しい人々がいることを忘れないで

そして猫はゆっくり煙突の下に落ちてきて、待ち構えていたメンバーに無事にキャッチされた。猫はすぐに病院に連れていかれ、検査をうけた。6日間も煙突の中にいたので、脱水症状気味ではあったが、命に別状はなかった。

猫は、”キャット”(意味:猫) という名前の地元の迷い猫だった。ウィリアムさんのお家に忍び込み、音にびっくりして煙突の中に隠れてしまい怖くて立ち往生していたようだった。

助かった命、めいっぱい楽しんで生きよ!
助かった命、めいっぱい楽しんで生きよ!

今月16日にFacebookに投稿されたこの救助ストーリーには、ダイアナさんのこんな言葉が添えられていた。

「日々暗いニュースが流れていますが、報道されない裏側では多くの人々が見返りを求めずに優しさ溢れる行動を行っています。今回は1匹の猫の命を救うために、たくさんの人がその時間と労力を捧げてくれました。改めて、そのような人々の優しさと行動に感謝します。」

猫を発見してSOSを出したウィリアムさん、電話を受けてチームを招集したダイアナさん、電話を受けたいろんな会社の人々、現場に駆けつけた消防士さん、カメラを使って猫を出した排水管のエンジニアさん、病院のドクターたち。

たくさんの優しい人々が関わって、1つの小さな命が助かった。助かる命の裏側には、人々の優しさが必ずあるっていうこと、忘れないようにしたいね。

Source:North Devon Animal Ambulance

 

ここまで読んでくれてニャりがとう♡こっちも読んでみて。

▼ 猫を助けてくれてありがとう!

Similar articles:

米アルバカーキ、車のエンジンに迷い込んだ子猫が救出される。ついた名前は「ニッサン」
米アルバカーキ、車のエンジンに迷い込んだ子猫が救出される。ついた名前は「ニッサン」。

その名前、親しみを感じずにはいられない。   車のエンジンルームから聞こえるSOS アメリカ・ニューメキシコ州にある都市アルバカーキにある動物保護団体に、一本の電話が入った。 「車の中から小さく猫の声がするんで

タイの高速道路に子ネコが迷い込む→みんなで車を止めて救助。渋滞だけど苦情ゼロ。
タイの高速道路に迷い込んだ子ネコが救助される。渋滞だけど苦情ゼロ、みんな微笑む。

微笑みの国、タイ。 そのタイで微笑ましく、そして心温まる出来事があった。 高速道路に紛れ込んだ子ネコ 2月19日、タイのある高速道路でひどい渋滞が起こっていた。 渋滞の先頭には複数の車が立ち往生。ここは車がビュンビュン行

                       

おすすめニャース:

ある日突然、見知らぬママ猫と4匹の子猫がベッド下に。いきなり猫パパになった英男性、子猫に超夢中。

2020.01.19

ある日突然、見知らぬママ猫と4匹の子猫がベッド下に。いきなり猫パパになった英男性、子猫にメロメロ。

人が猫を選ぶんじゃなくって、猫が人を選ぶってこのこと!   ある日突然、猫パパになった イギリス・ロンドンで映画やテレビ番組のディレクターをしているパリスさん。これまで猫と無縁だったパリスさんの人生は、2018年5月30日を境に大きく変わった。 ...

乗船した3隻の戦艦が沈没。しかしいずれも生還した "不沈のサム" と呼ばれた猫。第二次世界大戦。

2020.01.15

乗船した3隻の戦艦が沈没。しかしいずれも生還した “不沈のサム” と呼ばれた猫。第二次世界大戦。

その猫はまさにレジェンド。   不沈の猫 1940年代の第二次世界大戦中、戦艦のマスコットとして愛された黒白猫。 サムが乗り込んだ3隻の戦艦は、すべて攻撃を受けて沈没した。しかし、その猫は戦艦が沈没しても生還し続けた。 ...

オーストラリア山火事。7日間火から逃げ続け、焼け野原で生き延びた猫が家族と再会。

2020.01.13

オーストラリア山火事。7日間火から逃げ続け、焼け野原で生き延びた猫が家族と再会。

奇跡ってあるんだな。   オーストラリア山火事で失われた多くの命 昨年9月頃から始まったオーストラリア東南部を中心とした山火事、数ヶ月経った今も未だその勢いを落とすことなく、猛威をふるい続けている。 すでに日本の国土の約1/...

todaysmeows
                       

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。