to the TOP
マンションの壁に永遠に刻まれた、かわいすぎる猫の肉球。「最高のアート」

マンションの壁に永遠に刻まれた、猫の肉球が可愛すぎる。「最高のアート」

                               

そのマンションにはきっと幸運が訪れる。

 

壁に刻まれた猫の肉球

カナダでデザイナーやジャーナリストをしているケイトさん。今月19日に自身のTwitterに「わたしの住んでるマンションで一番気に入っていることはね・・」とマンションの壁の写真を投稿した。

赤いレンガの壁に残った、2つの見覚えのある足跡!猫の肉球の跡がはっきりと見える。

あぁっ!見覚えのあるこの跡は!
あぁっ!見覚えのあるこの跡は!

しかも、上のほうにもまだある。

ケイトさんは「これでいつまでも肉球を傍に感じることができる」と嬉しそうに話す。

きっと、おっちょこちょい猫さん。
きっと、おっちょこちょい猫さん。

この壁に刻まれた肉球プリントはどの猫によるものなのか、なんでそんなとこに痕跡を残したのかはわかっていないが、おそらく焼かれる前のレンガを踏んづけちゃったのかなと思われる。(それしかないよね)

 

「最高のアート」

なんだか、幼稚園児が持って帰ってくる手形アートみたいで、ほっこりする。

猫、マンションの歴史にその爪痕(肉球)を刻みました。
猫、マンションの歴史にその爪痕(肉球)を刻みました。

もちろん、ネットの猫好きさんたちは「かわいい!」「羨ましい!」と興奮。

▼ 「これこそウォールアート」

▼ 「引っ越せないね」

▼ 「見てるだけでなんか幸せになる」

いつだかはわからないが、住んでるマンションに確かに、猫が生きた(踏んづけた)形跡が残っている。しかも、それはマンションがある限り、永遠に消えることはない。今ごろその猫は、どこで何をしているのかな、と思いを馳せるのもいい。

なんだか、妙にほっこりする猫の肉球の魅力。

みんな大好きなプニプニ。
みんな大好きなプニプニ。

 

最後まで読んでくれてニャりがとう♡こっちも読んでみて。

▼ その猫は永遠に人の記憶に刻まれる。

Similar articles:

死後、宇宙に旅立つネコ。お空のお星さまとなって、地球のみんなを見守るよ!
死後、宇宙に旅立つネコ。輝くお空のお星さまとなって、地球のみんなを見守るよ!

アメリカ・オレゴン州に住む、スティーブさんは、大の猫好きであり、生粋の科学っ子。 自身のTwitterアカウントは、猫の話と宇宙の話でいっぱいだった。 病気と闘った勇敢なネコ スティーブさんが愛する茶トラの猫、その名も「

忘れ去られた宇宙猫・フェリセット、その偉業を讃える銅像のデザイン案が素敵。いつまでもその猫を忘れないように。
忘れ去られた宇宙猫・フェリセット、その偉業を讃える銅像のデザイン案が素敵。いつまでもその猫を忘れないように。

いつかフェリセットに挨拶に行こう。   人々に忘れ去られた猫の偉業を今世に残したい 猫のフェリセットは、1961年に世界で初めて宇宙に行き、地球に生還した偉大な猫。しかし、その成し遂げた偉業にも関わらず、人々か

                       

おすすめニャース:

2019.11.29

氷点下、外にいた5匹の子猫。野良犬が覆い被さり寒さから守られているところを発見&無事に保護される。

動物同士でこんなに優しくなれるんだから、人が動物に優しくなれない訳が無い。   雪に覆われていた野良犬 今月半ばの夜、カナダの首都・オタワの路上で野良犬が見つかった。その日の気温は、”絶対外には出たくないしコタツの中で丸まっていたい” マイナス3度。 ...

丸裸になった猫のお尻、見ると何とも言えない不思議な気持ちに。猫の尻尾の正体。

2019.11.27

丸裸になった猫のお尻、見ると何とも言えない不思議な気持ちに。猫の尻尾の正体。

みんな大好きな猫の尻尾。そのフワフワの下ってどうなってるか知ってる?   丸裸の猫のお尻を見たことがあるか カナダ・アルバート州に住むドンさん。一緒に暮らす茶トラの猫は先日、手術を受けた。 ...

温もりを知らずにお外で育った猫。瀕死でボロボロの状態で保護され、初めての人の優しさで奇跡の回復をとげる。

2019.10.12

温もりを知らずにお外で育った猫。瀕死でボロボロの状態で保護され、初めて触れる人の優しさで奇跡の回復をとげる。

初めて知った人の温もりは、どんな風に感じたのかな。   ボロボロで瀕死な猫が見つかった ...

todaysmeows
                       

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。