to the TOP

「火事だよ!起きて!!」深夜の火事から大好きな家族の命を救った猫。火災報知器は鳴らなかった。

無事でよかった・・・!

 

猫「火事だよ!起きて!!」

アメリカ・ニューヨーク州でコーネル大学に通い獣医を志しているダニエルさん。寝室でスヤスヤと寝ていた今月24日の午前2時頃、突然目が覚めた。

一緒に暮らす猫のキティが、自分の体の上で必死になんどもジャンプしてダニエルさんを起こそうとしていた。

泥棒か何かがお家に入ってきたのかと思ったダニエルさんは急いで寝室を出た。しかしそこで見たのは、すでに火で真っ赤に燃え上がっている玄関だった。

「すぐに逃げなきゃ!」そう思いダニエルさんは寝室に戻り、猫のキティを探した。が、キティがどこにも見当たらない。

出てきてキティ!!
出てきてキティ!!

黒い煙がすでに充満し始めていた。寝室の窓を開けて「キティ!キティ!どこなの?!」と猫を呼んだが、やはり猫のキティは見つからなかった。

 

猫が見つからない

この時、いくつかある火災報知器はどれも鳴っていなかった。

ダニエルさんはパティオをつたって外に逃げ出すことができた。まだ猫のキティは見つけることができなかった。

外に出たダニエルさんは、上の階に住むご近所さん一家の避難を手助けした。そして消防隊が到着して消火活動が始まり、火は無事に消し止められた。火事の原因は、近くのお家のプロパンガスのタンクが爆発したこと。それにより、ダニエルさんが住むマンション一帯が燃え尽きた。

寝ている間の火事は怖い。
寝ている間の火事は怖い。

持ち物全部が燃え尽きても、ダニエルさんは猫のキティは絶対に失いたくなかった。「キティは火事を知らせて私の命を救ってくれた。今度はわたしが助けなきゃ」とその場で泣き叫んだ。

まだどこかに、猫のキティが。
まだどこかに、猫のキティが。

 

自分でちゃんと身を守ってた

翌朝9時になり、消防士さんがダニエルさんに向かって声をあげた。なんと、猫のキティが生きて見つかったのだ。

猫のキティはやはり寝室を出ていなかった。見つかるまでの約7時間もの間、寝室のベッドの枕の下に身を埋めて、黒い煙から身を守っていた。

病院で数日間治療を受けたが、「生きて見つかるのは奇跡だ」と言われた。

ちゃんと煙から身を守ってたなんて、お利口すぎる!!
ちゃんと煙から身を守ってたなんて、お利口すぎる!!

猫のキティとダニエルさんの出会いは5年前、まだ生後数週間で路上にいた猫のキティをダニエルさんがお家に迎え入れた。火災報知器が鳴らない深夜に、火事に気づいた猫のキティ。小さい頃お家に入れてくれた大好きなダニエルさんを必死に助けようとしていたのかな。

今、猫のキティとダニエルさんはダニエルさんの実家で穏やかに過ごしているという。

Source:Danielle Janet

 

最後まで読んでくれてニャりがとう♡こっちも読んでみて。

▼ 火事から猫を救え!

Similar articles:

動物専用の酸素マスクがスコットランド中の消防署に設置される。火事から動物を救え!
動物専用の酸素マスクがスコットランド中の消防署に設置される。火事から動物を救え!

それで救われる命があるなら。   スコットランドの消防署に動物用の酸素マスクが常備される 消防士はみんなのヒーローだ。ヒトの命だけではなく、多くの動物の命も救っていることはよく知られている。 スコットランドでは

消防士さんに助けられた子猫、そのまま消防署の猫となり消防安全をPR。火の用心だニャ。
消防士さんに助けられた子猫、そのまま消防署の猫となり消防安全をPR。火の用心だニャ。

その救助はきっと運命♡   消防士さんが助けた子猫 アメリカ・コロラド州にある消防署が今月5日に救助したのは、1匹の子猫。 木の上から降りれなくなって立ち往生していたところ、そのニャ〜ニャ〜というSOSを近くに

                       

おすすめニャース:

窓から猫が侵入。中で猫たちがポップコーンみたいにハジけててカオスそのものだった。

14.11.2019

車を猫に乗っ取られた。車内で猫たちがポップコーンみたいにハジけててカオス。

衝・撃。   猫に車を乗っ取られた アメリカ・サウスカロライナ州に住むジェシカさんは先週末、母親と一緒におじいちゃんおばあちゃんのお家に行っていた。   View this post on Instagram ...

結婚式当日、一緒に困難を乗り越えた大好きな猫がサプライズ登場。新婦が涙したそのワケは。

12.11.2019

結婚式当日、一緒に困難を乗り越えた大好きな猫がサプライズ登場。嬉しい日も一緒だよ。

今まで色々あったから、大事な日に会えて、よかったね。   結婚式にサプライズ登場した猫に新婦涙 アメリカ・オハイオ州に住むカーリーさんとエドガーさんは、つい先日結婚式を終えた3匹の猫と暮らす猫好き新婚夫婦。 ...

扉を開けてシェルターの仲間を解放し続ける脱獄のプロ猫。「猫を釈放せよ」運動高まる。

10.11.2019

扉を開けてシェルターの仲間を解放し続ける脱獄のプロ猫。「猫を釈放せよ」運動高まる。

釈放され、新しいお家に迎えられる日は近そう。   仲間を解放しつづける猫 アメリカ・テキサス州ヒューストンにある動物シェルター Friends for Life が先月30日にFacebookに投稿した猫が話題になっている。その猫の名前は、キルティ。6歳のキジトラ猫。 ...

todaysmeows
                       

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。