日本

チョビ日本担当ジャーニャリスト:チョビ

今日のオヤツはなんだろな〜?ちょっと天気予報みてみよ!ふむふむ・・人間たち、今日は「まぐろの日」らしいよ〜!

たぶん気づいてたと思うけど。ネコは自分の名前を知っている!ネコのコミュ力が科学的に認められる。日本

たぶん気づいてたと思うけど。ネコは自分の名前を知っている!ネコのコミュ力が科学的に認められる。

上智大学の斎藤慈子准教授らの研究チームは、今月4日、ネコは自分の名前を認識しているとの論文をサイエンス誌Scientific Reportsで発表した。 ネコは自分の名前を認識している 毎日ネコと接しているネコ好きさんなら、薄々気づいていたような、「あったりまえだ!」と反応したくなることではあるが、正式に科学の世界でネコのコミュニケーション能力が認められたことになる。 実験では、一般のネコに、そのネコの名前のイントネーションに近い「一般名詞」と「ネコの名前」を聞かせると、「ネコの名前」を呼んだ時の反応が他と違うことで明らかになった。 これは、「ネコの名前」がオーナーが最もよく使う単語であり、その単語がご飯や遊びなど、ネコにとって嬉しい出来事と結びついているからだという。 この反応の違いはオーナー意外の声でも認められた。 うちのネコはどう?試す方法がコレだ では実際の実験の様子をご覧いただきたい。ネコ好きさんなら一度はやってみたことはあるであろう実験だ。 被験ネコは “ネギボーイ” 、いい名前だな!    ネコの名前と同じイントネーションの単語で、間隔をあけて同じ口調でネコに向かって呼びかける。 1つ目の単語でオーナーの声に反応し、2つ目からは興味を無くし、5つ目の自分の名前で声の方を向き、ウルっと喉を鳴らしながら駆け寄っていくネギボーイ。 ネコ好きさん、至福の瞬間。 ネコのコミュ力の高さを明らかにしたい 本実験を行った上智大学の斎藤慈子准教授によると、イヌのコミュニケーション能力を調べる研究は多く行われてきたものの、ネコについてはそれほど研究が進んでいないとのこと。 「ネコが人間にとって重要なパートナーとなる中、ネコのヒトとのコミュニケーション能力の理解は、ヒトとネコ双方の福祉の向上に重要になってきており、本研究の成果はそこに貢献をするものです。」 毎日接する家族なら、心も通じ合ってるってネコもヒトも知ってる。 でも、科学的にネコのコミュニケーション能力が認められることで、きっとネコはもっと愛されちゃうはず。