to the TOP
猫密度が高すぎるイスラエル。増えすぎた猫は今後どうなるのか。

猫密度が高すぎるイスラエル。増えすぎた猫は今後どうなるか。

                               

猫がたくさんいる街は猫の街として人気だが、猫が多すぎる国はどうか。

 

猫密度は日本の約4倍

イスラエスに着くとまず気づくこと。それは、猫がたっくさんいること。街中はどこを見ても、猫・猫・猫・・・。

猫好き観光客には、猫が多い国って天国みたいなんだけど。
猫好き観光客には、猫が多い国って天国みたいなんだけど。

それもそのはず。イスラエルは猫密度がかなり高い。

国としての面積は日本の約20分の1と小さいが、住んでいる猫は日本の1,000万匹に対し、イスラエルは200万匹。猫密度としては日本の約4倍にもなる。

このままのペースでいけば、数年後にはイスラエルの人口約800万人に猫の数が追いついてしまうとも言われている。

猫が国を乗っ取る日はマジで近い。
猫が国を乗っ取る日はマジで近い。

イスラエルに猫が増えた背景は諸説あるが、1920年代に始まったイギリスの任意統治時代に、ネズミ駆除のため多くの猫が持ち込まれたことがきっかけだと言われている。

 

増えすぎた猫はどうなる?

その猫のほとんどが今は野良猫。猫が増えすぎた分、野鳥などの希少な動物たちの数が減ってしまった。

イスラエルは国民の70%以上が、動物虐待に対して厳しい法律があるユダヤ教の信者であり、動物に対して慈悲と理解があると言われている。

一部の猫があんまり好きじゃないヒトと揉めちゃうことはあるみたいだけどね。
一部の猫があんまり好きじゃないヒトと揉めちゃうことはあるみたいだけどね。

そのためか、今のところ自治体による殺処分での猫の頭数管理は一般的には行われてはいないようだ。

野良猫はそこらじゅうにいるが、同時に野良猫にご飯を与える人の多さと、玄関前に置かれた猫のご飯入れの多さにも驚く。

あんまりご飯には困らないよ!
あんまりご飯には困らないよ!

動物保護団体による地道なTNR活動(野良猫をTrap/捕獲し、Neuter/不妊去勢手術を行い、Return/元の場所に戻す活動)は行われてはいるものの、その規模は猫の数と比較するとあまりにも小さい。

 

大規模なTNR活動が求められる

これに対し自治体は、様々な施策を試みている。

イスラエル最大の都市・エルサレムでは最近、従来のゴミ処理システムを変更し、地下にゴミが溜まるようにした。これにより、猫の主なご飯どころとなっていたゴミ箱が路上からなくなった。(この変更の理由は猫以外にも、溢れるゴミ問題が背景にあった)

宝の山(ゴミ箱)がなくなっちゃうんだって?
宝の山(ゴミ箱)がなくなっちゃうんだって?

ご飯どころが少なくなってしまった猫のため、猫のご飯場所を設置。エルサレム市長は今年1月、ご飯場所で与える猫のご飯代として、年間約300万円の予算を盛り込んだことを明らかにした。月に約210袋、年間で2,500袋のご飯になる。

そして、これまで自費で猫にご飯を与えていた住民向けに説明会を実施し、今後は猫のご飯場所を使用するよう促している。

中央地区にある都市 ペタフ・ティクヴァでは、猫のための公園が建設される予定だ。

どちらの施策も、猫が生活するエリアを意図的に集中させることで地域の猫たちを管理しやすくしようというものだが、実際は「これだけでは全然猫は減らない」というのが大方の見方のようだ。

動物福祉に詳しい専門家は、自治体と動物保護団体が協力して行う大規模なTNR活動キャンペーンの実施のみが、現実的な解決策だとしている。

シェルターもいつもいっぱいなんだって。
シェルターもいつもいっぱいなんだって。

今後のイスラエルの動きに、注目したい。

 

最後まで読んでくれてニャりがとう♡こっちも読んでみて。

▼  他の猫街はたくさんいる猫とどう付き合っているのかな?

Similar articles:

猫が救った台湾の猫村「猴硐(ホウトン)」。ゴーストタウンから世界的観光地へ!

台湾には、猫に救われた村がある。   280匹以上の猫が住む猫の楽園「猴硐(ホウトン)」 台湾の首都、台北から電車で40分ほどのところにある駅「猴硐(ホウトン)」。この駅に到着した瞬間に、多くの人がこの駅で降り

ネコが好きすぎるロシアの猫街・ゼレノグラーツク。ネコ長官、ネコ信号、ネコ美術館でネコづくし。
ネコが好きすぎるロシアの猫街・ゼレノグラーツク。ネコ長官、ネコ信号、ネコ美術館でネコづくし。

ロシア西部にあるリゾート地、ゼレノグラーツクはも世界有数の “猫の街” として知られる。ただこの街は、少々、猫好きが過ぎている。   どこでもネコがいっぱい この街に来た観光客がまず挨拶

                       

おすすめニャース:

アートとミュージックをクリエイティブに楽しむお洒落すぎる猫カフェ。これが猫カフェってマジ?!

2020.02.08

アートとミュージックをクリエイティブに楽しむお洒落すぎる猫カフェ。これが猫カフェってマジ?!

いい意味で、本当に猫カフェらしくない。   お洒落にもほどがある猫カフェ 猫カフェといえば、快適であったかい場所で、猫と戯れながらお友達とお茶やお喋りを楽しんだりする、という感じのイメージを持つ人が多いのではないだろうか。 ...

里親募集中の子猫たちがいるカナダの古本屋。子猫と一緒に本を読んでくつろいでいたらもう離れならない関係に。

2020.02.01

里親募集中の子猫たちがいるカナダの古本屋。子猫と一緒に本を読んでくつろいでいたらもう離れならない関係に。

意外なところで出会ったほうが、運命は強く感じちゃったりするもんね。   猫をお膝にのせて本を読む幸せ 本が好きな人の多くは、きっと猫も好きだろう。猫はなんか知的な雰囲気で本とよく似合うし、猫をお膝にのせてあったかいコーヒーを飲みながら本をゆっくり飲む時間は幸せそのもの。 ...

お外にいる猫はどこに何匹?猫と人の幸せな共生に向けた、ワシントンDCの論理的アプローチ。

2020.01.30

お外にいる猫はどこに何匹?猫と人の幸せな共生に向けた、ワシントンDCの論理的アプローチ。

猫ビックデータ、とでもいうべきかな?   お外猫の生態分析でみんなが嬉しい街づくりを アメリカの首都・ワシントンDCは複数の団体と専門家の協力のもと、2018年12月にある一大猫プロジェクトを開始した。 ...

todaysmeows
                       

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。