to the TOP

みーんな癒してしまう魔法の黒いフワフワを持つ、プロの猫セラピスト。ワークライフバランスも超充実。

                               

猫のパワーってほんとにすごい。

プロの猫セラピストの黒猫ロンドン

フワッフワな毛並みを持つ黒猫のロンドン(フルネーム:London Meow)は、セラピー・キャット。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by London Meow – PAT Cat (@mrlondonmeow) on

猫のロンドンは、イギリスにある病院や学校にセラピー・アニマルを派遣するチャリティ団体である PETS AS THERAPY にも正式に猫セラピストとして登録されている、もっぱら犬社会の “セラピー・アニマル” 業界では珍しいプロの猫セラピスト。

猫をはじめとした動物と触れ合いナデナデしたりすることで、ストレスが軽減したり、優しい気持ちになれたり、元気とやる気が出たり、そのフワフワが持つすごい効果は今や誰もが知っている。

 

「何もしない」お仕事だけどその効果は絶大

プロ・猫セラピストである猫のロンドンも、病院や介護施設を訪問して人々の心を癒している。慣れない場所や人、突然のおっきな音にも動じない、その「猫にしては深すぎる懐」を持つからこそなせるお仕事だ。しかも、そのお仕事は全部がボランティア。

お仕事現場には、おしゃれなファッションに身を包んで行くのがロンドン・スタイル。

▼ 子供病院に行くよ!

 

View this post on Instagram

 

A post shared by London Meow – PAT Cat (@mrlondonmeow) on

現場を訪問してロンドンがすることは、「ただそこにいること」。無理に笑顔を作って患者さんを励ましたりもせず、そこの空間に居るだけ。ナデナデしたいなら、どうぞご自由に。完全にフリースタイル。

そう、これが必要だったんだよね。
そう、これが必要だったんだよね。

猫のロンドンは「ただそこにいるだけ」、それだけ。だからこそ、ロンドンに触れ合う人々は余計なプレッシャーは全く感じずに、自分自身の思いを持ってナデナデすることができる。「そのままでいいんだよ」「頑張ってるね」「ゆっくりね」など、猫のロンドンから受け取るメッセージはそれぞれ。

でもみんなに共通しているのは、猫のロンドンに会って黒いフワフワに触ると、心が軽くなって思わず笑顔になってしまうこと。

フワフワってすごい。
フワフワってすごい。

そして癒すのは患者さんだけじゃない。病院や施設のスタッフさんたちまで癒してしまう。

あるスタッフはBBCの取材に対し、「ロンドンが来るとその場が明るくなって、誰かが “ロンドンが来た!ロンドンが来た!” ってヒソヒソ話し始めるんだ。来てくれると、すごく嬉しいよ」と話した。

各メディアも黒猫ロンドンのボランティア・ワークについて興味津々。こぞって取材に訪れた。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by London Meow – PAT Cat (@mrlondonmeow) on

 

View this post on Instagram

 

A post shared by London Meow – PAT Cat (@mrlondonmeow) on

ワークライフバランスも超充実

しかし、黒猫ロンドンがすごいのは猫セラピストとしてお仕事をしていないオフ・ワーク時、つまりプライベートの時間もかなり充実していることだ。オンとオフを使い分けているので、お仕事現場では落ち着いてはいるものの、もともとは遊びが大好き。

そして、その天性の可愛さと、なんでも素敵に着こなしてしまうスタイルの良さで、今やイギリス全土の猫好きが注目するファッションアイコンとなった。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by London Meow – PAT Cat (@mrlondonmeow) on

パスポートも持っていて、すでに7ヶ国を旅した。最近はフランス・パリに旅行に行ってきた。さすがファッションアイコン猫が選ぶのはファッションの街・パリ。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by London Meow – PAT Cat (@mrlondonmeow) on

オフワークもオンワークも充実した黒猫ロンドンのワーク・ライフ・バランスは、まさにニャンダフル。プライベートはたっぷり遊んで満喫して、空いた時間でボランティアをする黒猫ロンドンから学ぶのは、結構多そう。

▼ 充実した今週の予定をチェック!

 

View this post on Instagram

 

A post shared by London Meow – PAT Cat (@mrlondonmeow) on

Source:London Meow – PAT Cat

 

ここまで読んでくれてニャりがとう♡こっちも読んでみて。

▼ なんで猫をお膝に乗せてナデナデしてると幸せな気持ちになるんだろう?

Similar articles:

やっぱり猫が好きだから、猫をナデナデしたい。病院や介護施設で広がる猫ロボットの導入。
やっぱり猫が好きだから、猫をナデナデしたい。病院や介護施設で広がる猫ロボットの導入。

やっぱりフワフワは癒しでしかない。   ヒトを癒すセラピー猫ロボット アメリカ・ニューヨーク州にある介護ホームで、エリザベスおばあちゃんはお膝に乗せた猫をナデナデしながら、涙をうかべて自身が昔一緒に住んでいた猫

ヒトを癒すセラピー・キャットになるために!日々修行をつむ子猫のキータ。
ヒトを癒すセラピー・キャットになるために!日々修行をつむ子猫のキータ。

「動物はヒトを癒し、幸せにする力がある。」   セラピー・キャットの修行を積む子猫 イギリス・ロンドン北部にある街、カムデン。ここにあるケアセンターに、アメリカのバナナのブランド「チキータ」からの名前をとった、

                       

おすすめニャース:

ある日突然、見知らぬママ猫と4匹の子猫がベッド下に。いきなり猫パパになった英男性、子猫に超夢中。

2020.01.19

ある日突然、見知らぬママ猫と4匹の子猫がベッド下に。いきなり猫パパになった英男性、子猫にメロメロ。

人が猫を選ぶんじゃなくって、猫が人を選ぶってこのこと!   ある日突然、猫パパになった イギリス・ロンドンで映画やテレビ番組のディレクターをしているパリスさん。これまで猫と無縁だったパリスさんの人生は、2018年5月30日を境に大きく変わった。 ...

乗船した3隻の戦艦が沈没。しかしいずれも生還した "不沈のサム" と呼ばれた猫。第二次世界大戦。

2020.01.15

乗船した3隻の戦艦が沈没。しかしいずれも生還した “不沈のサム” と呼ばれた猫。第二次世界大戦。

その猫はまさにレジェンド。   不沈の猫 1940年代の第二次世界大戦中、戦艦のマスコットとして愛された黒白猫。 サムが乗り込んだ3隻の戦艦は、すべて攻撃を受けて沈没した。しかし、その猫は戦艦が沈没しても生還し続けた。 ...

2020.01.09

猫を迎えた。そしたらスタッフ、地元の人々、猫、みんなが幸せになった。続け幸せの連鎖!

やっぱり猫の存在ってすごい!   スタッフの息抜きの相手がお仕事の猫 アメリカでは日本でいう "110番" と "119番" の緊急事態に1つの電話番号 "911" に統一されている。ミシガン州にある緊急センターも、昼夜問わず色んな電話の対応に追われている。 ...

todaysmeows
                       

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。