to the TOP
ネコ控除?!アメリカは保護猫活動にかかる経費を申告して「税金控除」が可能に!

ネコ控除?!アメリカは保護猫活動にかかる経費を申告して「税金控除」が可能に!

                               

保護猫(犬)活動は、結構お金がかかる。

アメリカで始まったネコ控除!

アメリカ・カリフォルニア州で、里親ボランティアが裁判で見事勝利した。これにより、アメリカでは保護猫(犬)活動に関わる経費を「税金控除」として申告できるようになった。

申告できるのは、認可を受けた猫(犬)の保護団体に関わる全ての活動経費。

具体的には、捕獲器の購入や医療費、そしてご飯代などだ。ボランティア・スタッフが自宅の一部を使って、里親が見つかるまでの間に猫のお世話をしているなら、その部分の光熱費も対象となる。

アメリカでは里親ボランティアが負担する費用は一年で約1,500ドルから2,000ドル(約16万円から21万円)と言われている。

これまで実費を負担してきたボランティア・スタッフにとっては、嬉しい控除になる。

(関連記事:カリフォルニア州のペットショップ、販売できるのは保護動物のみ。全米で見直されるペットの迎え方。

嬉しいネコ控除!
嬉しいネコ控除!

ボランティアの体力がなくなる前に

日本における保護猫(犬)活動は現在、そのほとんどがボランティアによる努力と自費(そして寄付)で行われている。

お家のない猫(犬)を保護し、去勢手術を施し、里親を見つける。里親が長い間見つからなければ、かかる体力も費用も多くなる。

もちろん、一部の自治体は保護団体に対して補助金の交付などをしてはいるものの、ボランティアはある程度の自腹を切りながら活動しているのが実態だろう。

日本も他国同様に、猫(犬)に優しい社会に向かっているとは思うが、ボランティア・スタッフの体力と金銭力が限界を迎える前に、スピード感を持った施策の導入が求められている。

動物にもヒトにも優しい社会の実現に向けて。
動物にもヒトにも優しい社会の実現に向けて。
                       

おすすめニャース:

お家から締め出されてしまった・・!それに気付きドアを開けてくれたのは、お家に迎えいれた猫。

2020.02.09

お家から締め出されてしまった・・!それに気付きドアを開けてくれたのは、お家に迎えいれた猫。

お家に迎えたら、今度は猫がお家に入れてくれた。   保護してお家に迎え入れた猫 アメリカ・テキサス州でモデルとして活躍するギャビーさん。昔ある日の深夜12時過ぎに、通っていた大学キャンパスで散歩をしていたところ、弱っていた子猫を見つけた。 ...

アートとミュージックをクリエイティブに楽しむお洒落すぎる猫カフェ。これが猫カフェってマジ?!

2020.02.08

アートとミュージックをクリエイティブに楽しむお洒落すぎる猫カフェ。これが猫カフェってマジ?!

いい意味で、本当に猫カフェらしくない。   お洒落にもほどがある猫カフェ 猫カフェといえば、快適であったかい場所で、猫と戯れながらお友達とお茶やお喋りを楽しんだりする、という感じのイメージを持つ人が多いのではないだろうか。 ...

SASUKE優勝も間違いニャし!懸垂でレールを移動するすごい腕力の猫現る。猫・忍者か?!

2020.02.06

SASUKE優勝も間違いニャし!懸垂でレールを移動するすごい腕力の猫現る。猫・忍者か?!

SASUKE猫代表に選抜したい。   スパイダー・キャット現る アメリカ・アイオワ州に住むサラさんがFacebookに投稿した、一緒に住む猫が、とんでもない。 ...

todaysmeows
                       

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。