to the TOP
亡くなった弟の愛猫のために最高の地下ジャングルを自作。弟よ、猫は幸せだから安心しろ。

亡くなった弟の愛猫のため、最高の遊び場ジャングルを自作。弟よ、猫は幸せだから安心しろ。

                               

どこまでも走り回って飛び回れる。どこでも爪とぎができて、お昼寝の場所もオモチャもたくさんのジャングル。猫にとってこれほど幸せな環境があるだろうか?

こんなジャングルで遊んでみたい!
こんなジャングルで遊んでみたい!(写真:Caters News Agency

180万円かけて自作した最高の猫の遊び場ジャングル

カナダのエドモントに住む28歳のソフトエンジニア、ヒルトンは猫2匹のために地下に遊び場を自作した。

持ち金全部、そしてクレジットカードを上限まで使った。かかった総額は約180万円。

ジャングルを自作したヒルトン
ジャングルを自作したヒルトン(写真:Caters News Agency

骨組みだけの地下室に、カーペットを敷き、壁をつくり、音響を整備し、棚を入れ、キャットタワーをつくった。電気配線工事以外のほとんど全てを自分で行った。

決してDIYが得意だったわけではない。むしろ、まったくの初心者だった。

最初は骨組みだけだった。ここからほぼ全てを自作する。
最初は骨組みだけだった。ここからほぼ全てを自作する。(写真:Caters News Agency

完成まで4ヶ月を要した。できあがったのは、猫が部屋中を好きなだけ走り回り、飛び回って遊べる地下ジャングルとなった。

どう?羨ましいでしょ?
どう?羨ましいでしょ?(写真:Caters News Agency

このジャングル、自分の猫のために作ったものではない。

昨年2月に亡くなった弟・ボストンとその愛猫に捧げたものだった。

天国の弟に捧げた猫ジャングル

ヒルトンの弟、ボストンは昨年24歳の若さでこの世を去った。PTSD(心的外傷後ストレス障害)による自殺が原因だった。

ボストンは大の猫好きだった。一緒に暮らしていた猫、ベンガルのベンジとナラを何よりも大事にしていた。

弟ボストンはベンジとナラを何よりも大事にしていた
弟ボストンはベンジとナラを何よりも大事にしていた(写真:imgur

ボストンが亡くなった後、2匹を引き取ったヒルトンは決して2匹を離さないこと、そして2匹がボストンのことを忘れないようにすることを誓った。

ジャングルの壁の1つには、ボストンの遺影をLEDライトで飾った。これで、2匹はいつでもボストンを感じることができる。

いつも弟ボストンが猫たちを近くで見守っている。
いつも弟ボストンが猫たちを近くで見守っている。(写真:Caters News Agency

天国の弟が喜ぶこと、それは猫が喜ぶこと

ヒルトンがジャングルを作った理由は、「弟のために何かしたかった。それも彼が絶対喜ぶことをね」。

弟は猫のベンジとナラを愛してやまなかった。それなら、猫が喜ぶことなら、弟も喜ぶと思った。

ジャングルは2匹が好きなことを徹底的に詰め込んだ。活発で弟ボストンの部屋の壁に穴をいくつもあけていたベンジのために、直接壁をよじ登ることができるようにした。

どこまでも走って飛んで、お昼寝ができて、爪とぎができて、おもちゃで遊べるジャングルは、猫のベンジとナラの大のお気に入りになったという。

壁だって登り放題で最高だ!
壁だって登り放題で最高だ!(写真:Caters News Agency

ヒルトンは完成したジャングルについてこう話す。

「弟が亡くなった後、しばらくは喪失感で何もしたくなかった。でも、ジャングルを作っているときは、気持ちが軽くなった。

ジャングルが完成したとき、思わず泣いてしまったんだ。あまりにも完璧にできたから。これなら天国の弟も間違いなく喜んでくれるだろうなって。

完成した今も、できるかぎりの時間を猫とここで過ごすようにしているよ。猫のベンジとナラが遊んでいる様子を見ていると、前に進める気がするんだ。2匹が喜んでいる様子を見たら、弟は絶対喜んでくれる。お金は全て使っちゃったけど、何も後悔していないよ。

もしもまた弟ボストンと会うことができたら、ハグをして愛していると伝えるよ。あと、猫のベンジとナラのために最善を尽くしていること、そして2匹のことも大好きだと言うこともね。」

ヒルトンは今後も、オモチャやハンモックを追加したり、裏庭を眺めることができる道を作ったりして、ジャングルの改良を続けていく予定だと言う。そのための資金集めのページも用意し、現在までに約30万円が集まった。

猫のベンジとナラは間違いなく幸せだ。だから弟ボストンよ、天国で安心して見守っていてほしい。

弟ボストンと猫。「寂しいけど、大丈夫だよ!」
弟ボストンと猫。「寂しいけど、大丈夫だよ!」(写真:Caters News Agency
                       

おすすめニャース:

里親募集中の子猫たちがいるカナダの古本屋。子猫と一緒に本を読んでくつろいでいたらもう離れならない関係に。

2020.02.01

里親募集中の子猫たちがいるカナダの古本屋。子猫と一緒に本を読んでくつろいでいたらもう離れならない関係に。

意外なところで出会ったほうが、運命は強く感じちゃったりするもんね。   猫をお膝にのせて本を読む幸せ 本が好きな人の多くは、きっと猫も好きだろう。猫はなんか知的な雰囲気で本とよく似合うし、猫をお膝にのせてあったかいコーヒーを飲みながら本をゆっくり飲む時間は幸せそのもの。 ...

【ナイス機転】尻尾が凍り動けなくなっていた子猫たち。飲みかけのコーヒーが雪を溶かし救助される。

2020.01.28

【ナイス機転】尻尾が凍り動けなくなっていた子猫たち。飲みかけのコーヒーが雪を溶かし救助される。

どのくらいの時間、震えてそこにいたんだろう?   寒さで尻尾が地面にくっついてしまった子猫たち 今月22日、カナダ中部の街に住む男性ケンダルさんは自身の井戸を確認しに車で外に出た。この街の冬の気温はマイナスになる寒い地域で、あたり一帯は雪に覆われている。 ...

オーストラリア山火事。7日間火から逃げ続け、焼け野原で生き延びた猫が家族と再会。

2020.01.13

オーストラリア山火事。7日間火から逃げ続け、焼け野原で生き延びた猫が家族と再会。

奇跡ってあるんだな。   オーストラリア山火事で失われた多くの命 昨年9月頃から始まったオーストラリア東南部を中心とした山火事、数ヶ月経った今も未だその勢いを落とすことなく、猛威をふるい続けている。 すでに日本の国土の約1/...

todaysmeows
                       

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。