to the TOP
結婚式当日、一緒に困難を乗り越えた大好きな猫がサプライズ登場。新婦が涙したそのワケは。

結婚式当日、一緒に困難を乗り越えた大好きな猫がサプライズ登場。嬉しい日も一緒だよ。

                               

今まで色々あったから、大事な日に会えて、よかったね。

 

結婚式にサプライズ登場した猫に新婦涙

アメリカ・オハイオ州に住むカーリーさんとエドガーさんは、つい先日結婚式を終えた3匹の猫と暮らす猫好き新婚夫婦。

結婚おめでとうニャン!
結婚おめでとうニャン!

その結婚式当日、ドレスを着た新婦カーリーさんの元に新郎エドガーさん迎えに行く時、普通の新郎なら持っていないバッグあった。

タキシードにキャリーバックというコーディネートが斬新。
タキシードにキャリーバックというコーディネートが斬新。

そう、キャリーケース。「結婚式にうちの猫が来てくれたら完璧なのに」と話していたカーリーさんのために、家族猫のうち一匹のオディンを連れていったのだ。

会いたかった♡
会いたかった♡

猫のオディンのサプライズ参加に、新婦のカーリーさんは思わず涙した。

カーリーさんが泣いてるのはなんで?
カーリーさんが泣いてるのはなんで?

 

2本脚の猫と一緒に乗り越えた困難

新婦カーリーさんが泣いたのは、大事なその日に大好きな猫に会えたから、というだけではない。実は、カーリーさんと猫のオディンはこれまで一緒にたくさんの困難を乗り越えてきたのだ。

オディンを迎える前にもすでに2匹の猫と暮らしていたカーリーさんとエドガーさんは約2年前、2匹の猫を里子に迎えたシェルターが投稿した猫の写真に釘付けになった。

心無い人にいたずらされちゃったんだ。
心無い人にいたずらされちゃったんだ。

それは、きれいな青い目をした猫オディンの写真。オディンが過ごした野良時代の暮らしは壮絶なもので、後脚が使えなくなってしまっていた。

後脚がなくっても階段もへっちゃらだよ。
後脚がなくっても階段もへっちゃらだよ。

写真を見た瞬間から「この猫、うちの子にする」と決めたカーリーさん。実際にオディンに会うと、不自由な後脚はぜんぜん気にしていないように前脚だけを器用に使って這いずり回る猫のオディンの命の輝きに、もっと惹かれていった。

後脚を引きずって化膿してしまうため、オディンは後脚を切断する手術を受けた。

脚はなくなっても猫スピリッツは忘れてないよ!
脚はなくなっても猫スピリッツは忘れてないよ!

猫のオディンと暮らしていくため、カーリーさんはいろんなことを工夫した。お家全体をオディンが安全に遊べるようにした。下半身を引きずってしまうオディンのための専用おトイレを用意した。後脚切断の手術の決断をした。手術後、投薬のおかげで寝続けたり起き続けたりするオディンに付き添った。

たくさんの想いが、オディンとのこれまでの暮らしのなかに詰まっていた。だからこそ、結婚式という特別な日に、大好きで大事な猫のオディンに会いたかった。

 

大変な日も嬉しい日も一緒だよ

新郎のエドガーさんは、猫のオディンと新婦カーリーさんが歩んで乗り越えた困難を知っている。だからこそ、結婚式の前夜に宿泊していたホテルからこっそりお家に帰って猫のオディンを迎えに行き、当日にサプライズで登場させた。

新婦のカーリーさんにキャリーケースの中身を見せる、その「猫、連れてきたよ」の表情に、これまでの想いが全部詰まって見える。

ニャニャニャニャーン!主役の登場です。
ニャニャニャニャーン!主役の登場です。

これまであったことは、結局は本人たちにしかわからニャイ。けどその表情から、大変だったけどすっごく幸せな家族なんだなって伝わってくる。

大変だろうけど、たぶん、カーリーさんにはオディンを迎えたことに後悔はイチミリも無い。家族になるって、大変な日も、嬉しい日も、ぜーんぶ一緒にするってことなんだよね。

家族って素晴らしい。
家族って素晴らしい。

Source:Odin, Bear And El

 

最後まで読んでくれてニャりがとう♡こっちも読んでみて。

▼ 新郎、猫で新婦をサプライズ。

Similar articles:

ファースト・ルックで子猫と感動の初対面。花嫁が嬉しそすぎて、とっても可愛い。

こんなに喜ばれるなんて、このお家の子になってよかったね!   猫好き花嫁とのファースト・ルック ”ファースト・ルック” (First Look)、というウェディングのセレモニーをご存知だろうか?新郎新婦がお互い

お尻にいれた猫タトゥーでプロポーズ!彼女はその場で泣き崩れる。「嬉しすぎる・・」
お尻にいれた猫タトゥーでプロポーズ!彼女はその場で泣き崩れる。「嬉しすぎる・・」

思い出に残る、最っ高のプロポーズ!!   普通じゃないプロポーズがしたい イギリスといえば、ジェントルメンのお国。 ジェントルマンなプロポーズといえば、ひざまづいて、彼女の手を取り、「ウィールユーマリミー?」(

 

                       

おすすめニャース:

猫ラウンジで、音浴と猫に癒される。「ごおぉ〜〜ん・・にゃあ〜〜〜」でこころが浄化される。

2020.01.20

猫ラウンジで、音浴と猫に癒される。「ごおぉ〜〜ん・・」の音で人も猫もスッキリ。

終わるころには、もうスッキリ間違いニャし!   猫がいる空間で過ごしたい アメリカ・カリフォルニア州で、昨年9月に猫ラウンジ Feline Good Social Club がオープンした。清潔で広い店内では、常時可愛らしい猫たちがゆったりと暮らしている。 ...

大自然に映る、素敵すぎる猫と犬の友情。探している運命の子はきっと、いや絶対にいる。

2020.01.18

大自然に映る、素敵すぎる猫と犬の友情。探している運命の子はきっと、いや絶対にどこかにいる。

お友達に種類は関係ないね。   犬のお友達となる冒険猫を探す アメリカ、コロラド州に住むシンシアさんとアンドレさんは、犬のヘンリーを生後3.5か月の時に保護施設から引き取った。それから約2年半、一緒にコロラドの山や森、渓谷などを冒険してきた。   ...

迷子になった黒猫、見つけたと思いお家に入れた黒猫はソックリさん。→2時間後に本物の黒猫参上!両方ともお家に子に。

2020.01.17

迷子になった黒猫、見つけたと思いお家に入れた黒猫はソックリさん。→2時間後に本物の黒猫参上!

黒猫ソックリさんが捕まった。   迷子になったぽっちゃりな黒猫 昨年のクリスマス直前の12月21日、イギリス・ロンドンに住むベンさん一家が住むお家から、一緒に暮らしていた黒猫のオーギーが姿を消した。 ...

todaysmeows
                       

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。