to the TOP
離婚になるかもしれなくっても、3本足のこの猫のパパになるって決めたんだ。「この子のためなら何でもする」

離婚になるかもしれなくっても、3本足のこの猫のパパになるって決めたんだ。「この子のためなら何でもする」

                               

絶対に愛してくれる家族はどこかにいるはず。

 

3本足の子猫に釘付けになった男性

アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコに住む、日頃から動物の救助・保護にも関わるマイクさん。パートナーの男性と一緒に住むお家には、2匹の猫がいる猫を愛してやまない男性だ。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Mike Enders (@animalmansf) on

マイクさんは1年程前、猫シェルターがInstargamに投稿した3本足の白黒猫のゾロの写真から目が離せなくなった。しかもその写真には、「シェルターが満杯でこの子猫はもうすぐそこを出ないといけない」というコメントが添えられていた。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Zorro The Tripod Kitty (@zorrothetripodkitty) on

子猫の写真が頭に焼き付いて離れない。ジッ・・・と何度も写真を見つめた。マイクさんにはその子猫が「マイク!迎えに来て!!」と訴えかけているように見えたという。

すぐに子猫のゾロを迎えにいくことを決意。マイクさんが住むサンフランシスコから、子猫のゾロがいるシェルターまでは車で片道8時間かかる。この時、マイクさんは求職中でお金が全然なかったけど、優しい人々がレンタカー代を貸してくれたお陰で、なんとかシェルターの期限前にゾロを引き受けることができた。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Zorro The Tripod Kitty (@zorrothetripodkitty) on

途中で休憩をしながらゾロと車でお家に帰ってきた。全部で20時間もかかった長旅だったが、車のなかでマイクさんにすり寄ってくるゾロに、マイクさんはすでにハートを奪われていた。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Zorro The Tripod Kitty (@zorrothetripodkitty) on

 

離婚の危機?!「これ以上猫は絶対ダメ」

最初は、とりあえずゾロをシェルターから出して、ずっと一緒に暮らしてくれる里親を他に見つける予定だった。というのも、マイクさんのパートナーからは「これ以上猫は絶対に・・絶対にダメ!」と言われていた。

里親を探す投稿をしてみるマイクさん。しかしすでにゾロが大好きだったマイクさんは心の中で「お願いだから誰も応募しないで!!!」と願ったという。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Mike Enders (@animalmansf) on

里親探しは失敗した、ということにして、徐々にゾロをお家の子にする計画を進めるマイクさん。ゾロはマイクさんのことが大好きで、本当に可愛いかった。

一方で、やはりパートナーは「マジで、マジで、マジでダメ!!!」と許してくれる気配はない。しかしマイクさんはこの時すでに、「OK! わかったよ。でも僕は何があってもゾロを手放したりしないから♪」と聞く耳持たずで喧嘩はヒートアップ。離婚の危機にまでなったという。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Zorro The Tripod Kitty (@zorrothetripodkitty) on

 

どんな時も守ってくれるパパ愛

しかし、徐々にパートナーもゾロの可愛さに心奪われていく。時には一緒にお昼寝をしたり、ビーチにお散歩にも行く。完全にゾロの可愛さがマイクさんとパートナーのギスギスを溶かしつつある。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Zorro The Tripod Kitty (@zorrothetripodkitty) on

ゾロの写真にビビビっときた瞬間から、ゾロのためには何でもしてきたマイクさん。「ゾロを幸せにするためなら何でもする!」と言う。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Zorro The Tripod Kitty (@zorrothetripodkitty) on

マイクさんは、ゾロとの出会いをまとめた動画をInstagramに投稿し、そのパパ愛が話題を呼んでいる。

どんな時でも守ってくれる、頼りになるパパに、たーっぷり愛されてヌクヌク育ってね♡

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Zorro The Tripod Kitty (@zorrothetripodkitty) on

Source:Zorro The Tripod KittyMike Enders

 

ここまで読んでくれてニャりがとう♡こっちも読んでみて。

▼ 運命って信じる?

Similar articles:

4年間もシェルターで家族を待ち続けた猫、ついに運命の家族が見つかる。「一番長くここにいる猫はどの子ですか?」
4年間シェルターで家族を待ち続けた猫、ついに運命の家族が見つかる。「一番長くここにいる猫はどの子ですか?」

かかった時間は長かったけど、その分きっと愛される。   4年間もシェルターで暮らしていたシニア猫 白黒猫のピエールは、シカゴにある動物シェルター(保護された動物が里親が見つかるまで過ごすところ)PAWS Chi

猫が救った人生。ストリートキャット・ボブとミュージシャンが起こした奇跡にハイタッチ!
猫が変えた人生。ストリートキャット・ボブとミュージシャンが起こした奇跡にハイタッチ!

ジェームズ・ボーエンさんはイギリス・ロンドン在住のミュージシャンであり作家。一緒に暮らしているのは、茶トラ猫のボブ。 この2人が起こした奇跡はあまりに有名ではあるが、今一度その物語を振り返ってみたいと思う。  

                       

おすすめニャース:

破損したキャリーから逃げ出し空港で迷子になった猫。2ヶ月の捜索の末、無事に見つかり家族と再会!

2019.12.11

破損したキャリーから逃げ出し空港で迷子になった猫。2ヶ月の捜索の末、無事に見つかり家族と再会!

最高のクリスマス・プレゼントだね!   空港で迷子になってしまった猫 今年10月3日、2匹の兄弟猫のミロ(キジ白猫)とボー(白猫)を住むモリーさんは4年間のドイツ暮らしを終えて、故郷であるアメリカに帰る飛行機に乗った。 ...

本屋さんの看板黒猫ズ、先代猫の後を引き継ぎお客さんと家族を笑顔にする日々。

2019.12.08

本屋さんの看板黒猫ズ、先代猫の後を引き継ぎお客さんと家族を笑顔にする日々。

本屋には、猫が必要ってことだね!   本屋の看板猫が亡くなった 猫と本屋は相性がいい。本屋の中は落ち着いてるし、なんといっても哲学的な雰囲気が猫にとってもよく合う。 ...

米シェルターが始めた 、子供でもできる猫助けのヒーロー・プログラム。この季節、猫も家族とヌクヌク過ごしたい。

2019.12.07

米シェルターが始めた 、子供でもできる猫助けのヒーロー・プログラム。この季節、猫も家族とヌクヌク過ごしたい。

人肌・猫肌(毛)が恋しくなる季節がやってきた。   ボクができる、猫助けって? 猫助けの方法は色々ある。あなたが住む地元地域でお外にいる猫をTNR* したり、保護猫をお家に迎えたり、募金をしたり、シェルターでボランティアをしたり。 * ...

todaysmeows
                       

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。