to the TOP
大好きなのは、猫と紅茶!猫がテーマの紅茶ブランドで夢を実現させたシンガポールの女性起業家。

大好きなのは、猫と紅茶!猫がテーマの紅茶ブランドで夢を実現させたシンガポールの女性起業家。

                               

夢は諦めない。

 

順調なキャリアの裏で密かに抱いていた夢

シンガポールに住むイネズさんは、順調な人生を歩んでいた。大学を卒業して、いい会社に入社し、どんどん昇進していった。両親もとっても安心していた、「将来は安泰だ」と。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kittea | Cats-Inspired Teas (@mykittea) on

ある日、会社からまた昇進が告げられた。そしてその役職は、出張が多く社内の誰もが羨むもの。

でも、イネズさんの反応は全く逆。心は大きく沈んだのだ。

実はイネズさんには、17歳の頃から抱いていた夢があった。それは、猫をテーマにした紅茶ブランドのKittea をつくること。大好きなのはいつだって、猫と紅茶だった。

猫がティーバックのようにぶら下がっているキャラクターを描いては、「いつかこれを・・」と夢みていた。そして会社で働きつつ、数ヶ月間コツコツと夢の実現に向けて歩んでいる最中に決まった昇進だった。

夢の原点。
夢の原点。

「出張が多いと、Kittea ができなくなる・・」誰もが嬉しいはずの昇進が決まったときの自分の心の反応に気づいたイネズさは、退職を決意した。

当時はまだ両親と一緒に住んでいたが、両親には内緒だった。心配させまいと、退職後も会社に行くフリを続けていた。

でも、行くのはカフェや図書館。Kittea の実現に向けて、イネズさんは本格的に動き出した。

 

自分を信じて突き進んだ

イネズさんはとことん自分自身の感性を信じた。

用意したお金は8,000シンガポールドル(約65万円)。決して多くはないが、そのお金で紅茶の買い付けのために他国に出張も行った。

すでに大手の紅茶ブランドが多数あるシンガポール。紅茶の専門家も多いが、紅茶のブレンドも自分でやった。紅茶の業界的にはイネズさんは素人だったが、紅茶が大好きな自分の鼻と舌を信じた。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kittea | Cats-Inspired Teas (@mykittea) on

そして2016、ついに夢だった紅茶ブランドの Kittea ができた。モチーフはもちろん、ずっと描き続けた猫の絵。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kittea | Cats-Inspired Teas (@mykittea) on

どの紅茶ブレンドも、猫の種類がテーマ。たとえば、”ラグドール” の紅茶であれば、リラックス効果があるカモミールをベースに、甘みのあるフローラルなフレーバーをプラスした。

フワフワで華やか、だけど落ち着いた猫のラグドールそのものだ。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kittea | Cats-Inspired Teas (@mykittea) on

シンガポールの紅茶ブランドの成功の鉄則は、自店舗を構えること。でも、イネズさんはこれもしなかった。

猫がテーマにした紅茶は、ぜひ猫好きの人々に飲んで欲しい!と思ったイネズさんは紅茶の卸し先に猫好きな人々が集まる場所を選んだ。猫カフェや、猫ホテルなど。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kittea | Cats-Inspired Teas (@mykittea) on

 

いつも自分を応援したのは好きな猫と紅茶

とことん自分の好き!を信じたイネズさん。Kittea は発売当初から狙い通り猫好きさんの注目を得て順調に売り上げを伸ばした。

しかし、全部が全部順調だったわけでは決してなかった。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kittea | Cats-Inspired Teas (@mykittea) on

数百個納品した紅茶缶のラベルが間違っていてクライアントから激怒され、友人を読んで徹夜でラベルの張り替えを自分たちで行ったこともあった。

忙しすぎて「なんのためにやってるんだろう?」と自分に問うことも、夜中にストレスで飛び起きて不安に押しつぶされそうになったこともあった。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kittea | Cats-Inspired Teas (@mykittea) on

でも「もう辞めよう」そう思っても、やっぱり猫と紅茶が好きな自分に気づく。

今、イネズさんの紅茶はシンガポールを超えて台湾にある猫カフェなどでも販売されている。サイトからは世界各国に発送している。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kittea | Cats-Inspired Teas (@mykittea) on

イネズさんは社会や両親が敷いたレールではなく、自分自身でレールを作りながら進んでいる。この先はどうなるかわからない。けど、好きなことをしている限りはすっごく楽しいからいいのかなと笑顔で話す。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kittea | Cats-Inspired Teas (@mykittea) on

イネズさんの猫愛と紅茶愛が形になったKittea、気になったらぜひサイトでチェックしてみてね!

*本ニャースは広告ではありません。

 

最後まで読んでくれてニャりがとう♡こっちも読んでみて。

▼  その夢、今叶えないでいつ叶えるの?

Similar articles:

猫が救った人生。ストリートキャット・ボブとミュージシャンが起こした奇跡にハイタッチ!
猫が変えた人生。ストリートキャット・ボブとミュージシャンが起こした奇跡にハイタッチ!

ジェームズ・ボーエンさんはイギリス・ロンドン在住のミュージシャンであり作家。一緒に暮らしているのは、茶トラ猫のボブ。 この2人が起こした奇跡はあまりに有名ではあるが、今一度その物語を振り返ってみたいと思う。  

退職後、夢の海外移住をするも、猫犬の保護活動のため再就職したドイツ人男性。第二の人生で見つけた新たな夢。
退職後、夢の海外移住をするも、猫犬の保護活動のため再就職。第二の人生で見つけた新たな夢。

夢の海外移住したら、意外だったけど素敵な生活が待っていた。   夢の海外移住→猫犬をみかねてお家に→保護活動の始まりだった ドイツ人男性のイマヌエルさんは、マーケティング会社で働いていた。 仕事柄、出張で世界中

                       

おすすめニャース:

クーラーボックスを外猫用の個室シェルターに!この寒い冬、少しでも暖かく過ごしてほしい。

2019.12.25

クーラーボックスを外猫用の個室シェルターに!この寒い冬、少しでも暖かく過ごしてほしい。

年末のDIYに、おすすめだよ。   お外猫に暖かく快適に過ごしてほしい お外での生活は厳しい。車や外敵などの安全面はもちろんだが、寒さも猫にとっては辛いもの。 ...

豪イケメン半裸の消防士と猫のカレンダーが贈る、クリスマス・ビデオがいろんな意味で熱い。

2019.12.10

豪イケメン半裸の消防士と猫のカレンダーが贈る、クリスマス・ビデオにただただ混乱。

来年のカレンダーはこれに決まりだよね。   すごいイケメンなチャリティ・カレンダー 以前ニャースでも紹介した、「一度は守られてみたい」系のオーストラリアのイケメンで筋肉が輝くホットな消防士さんと、「守ってあげたい」系の可愛いフワフワ猫ちゃんがコラボした大人気のカレンダー。 ...

猫だってハロウィンを楽しもう!個性的な猫用ハロウィンコスチューム8選。パーティの主役はいつだって猫。

2019.10.09

猫だってハロウィンを楽しもう!個性的な猫用ハロウィンコスチューム8選。パーティの主役はいつだって猫。

今年のハロウィンパーティ、準備はできてる?!   "かわいい" は当たり前!着るなら個性派で勝負 猫と一緒にハロウィンを楽しむなら、猫にもよるが、猫だってかわいい衣装は着たい。でも、かわいい猫に、かわいい衣装を着せて、かわいいのは当たり前。 ...

todaysmeows
                       

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。