to the TOP
気づいたら、そこはイタリア?!飲まず食わずで45日間の船旅をし生還した奇跡の子ネコ。

気づいたら、そこはイタリア?!飲まず食わずで45日間の船旅をし生還した奇跡の子ネコ。

                               

4月27日、イタリアの税関で子ネコが発見された!

中国からイタリアへ、船旅をしてしまった子ネコ

子ネコが発見されたのは、中国からイタリアの海辺の街・ジェノヴァ行きの船で送られたコンテナーの中。

どうやら、船が出発する前に中国で荷物に紛れこんでしまった模様。

中国からイタリアまでは、実に7,000キロ以上。優雅とは言えなそうだが、思わぬ船旅をしてしまった。

えっと、ここはイタリア?!うそでしょ?!どこ・・・?
えっと、ここはイタリア?!うそでしょ?!(写真:ATS Città Metropolitana di Milano

およそ生後8ヶ月程度と推測される茶トラの子ネコ、発見時は弱々しく、自力で歩くのも困難な状態で、すぐに現地の病院に連れていかれた。

一ヶ月以上、飲まず食わず?!

何より人々が驚いたのは、この子ネコが水も食料もないところから生還したことだ!

いつ子ネコが荷物に紛れ込んだのかは正確にはわかっていないが、中国からイタリアまでは船でおよそ1ヶ月間かかる。そこから税関にたどりつくまでは約10日間。

合計で約45日間も子ネコはコンテナーの中にいたことになる。

子ネコを世話しているイタリアの獣医は、「1ヶ月以上飲まず食わずでネコが生きられるとは考えにくい。きっとコンテナーの中の “何か”を食べていたのでは・・。」と話す。

それにしても、無事に生還できたことは、奇跡としか言えない!

食事付きの客席での船旅ならよかったんだけどね・・
食事付きの客席での船旅ならよかったんだけどね・・(写真:kinsey

中国生まれ、イタリア育ち。イタリアの海街で元気に過ごして

現在、子ネコは自力で歩き食べることができるまで元気を取り戻し、順調に回復しているという。

子ネコは、生まれ故郷である中国(China)から文字ってチーナ(Cina)と名付けられた。

長旅は疲れちゃったけど、ここにたどり着いたのも何かの縁!永住します。
長旅は疲れちゃったけど、ここにたどり着いたのも何かの縁!永住します。(写真:ATS Città Metropolitana di Milano

この奇跡の船旅をした子ネコのチーナには、イタリア・中国問わず世界中から注目が集まっている。

🙍「イタリアへようこそ!新しい街を気に入ってくれるといいな

🙍‍♂️「リアル “ライフ・オブ・パイ” だよね!よく無事に着いてくれた!!」

🙍「最初は新しい街の現地ネコと言葉の壁があるのかな?」

ネコは昼寝の場所には要注意だよ!人間も、ネコ確認を忘れずに!

 

                       

おすすめニャース:

家族に素敵なプレゼント(盗品)を贈る泥棒猫のキジーにご注意。手癖の悪さはピカイチ。

2020.02.07

家族に素敵なプレゼント(盗品)を贈る泥棒猫のキジーにご注意。手癖の悪さは引っ越しても治らない。

「お魚咥えたドラ猫、追っかけて~」の歌があるように、日本で猫がぬすんでくるといったら魚をイメージする人が多いのではないだろうか。 しかしその猫のイメージとは一転、今回ご紹介する猫は、何でもかんでも盗んできてしまう泥棒猫の話である。   金目のものばかり盗んでくる泥棒猫 ...

猫をナデナデしたい煩悩との戦い。お経を読む僧侶、おヒザに乗ってきた猫のせいで全く集中できず。

2020.01.05

猫をナデナデしたい誘惑との戦い。お経を読む僧侶、おヒザに乗ってきた猫のせいで全く集中できず。

この誘惑にはいくら僧侶といえども、勝てそうもない。   お経を読む僧侶を邪魔する猫 昨年年末の大晦日の夜に仏教の国、タイで行われた新年を迎えるイベントで、とんでもないお邪魔者が現れた。 ...

両後脚を失った猫、アスリート仕様の義足をつけてスーパースターに。バイオニャックキャットのヴィト。

2020.01.03

両後脚を失った猫、アスリート仕様の義足をつけてスーパースターに。バイオニャックキャットのヴィト。

ケガでも、猫らしさは失わない。   お留守番中に交通事故にあった猫 華やかなファッションの街としても有名な、イタリア・ミラノ。 猫のヴィトはこの街で、バスケットボールプレイヤーのシルヴィアさんと彼女の妻リンダさんと一緒に、のんびりと暮らしていた。 ...

todaysmeows
                       

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。