左右の目の色が違う「オッド・アイ」を持つ珍しい黒猫。神がかった可愛さで世界的アイドルに。

左右の目の色が違う「オッド・アイ」を持つ珍しい黒猫。神がかった可愛さで世界的アイドルに。

あまりの可愛さに、見ているこっちが目の色が変わってしまいそうである。

マジで可愛すぎる黒猫が現れた!

中国に住む黒猫のNiu Nai(中国語で「ミルク」を意味する)が今、世界中の猫好きを虜にしている。

理由は、Niu Nai のお顔を見てもらえればわかるだろう。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by MILK (@milkyblvck) on

 

View this post on Instagram

 

A post shared by MILK (@milkyblvck) on

あぁっ!!可愛すぎるぅっ!!!

まん丸でおっきなお目目の片方の目の色は、冷めるような鮮やかなブルー、そしてもう片方は輝くイエローゴールドだ。子猫のように幼く見えるが、Niu Nai は3歳の大人猫。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by MILK (@milkyblvck) on

「目の色は加工だよね?」と疑問を抱くヒトも多いらしいが、加工もフォトショップも何もしていない。

左右の目の色が違う「オッド・アイ」

Niu Nai の目の色は、通称「オッド・アイ」と呼ばれる、左右で目のなかの虹彩の色が違う「虹彩異色症」によるものだ。

猫は生まれたときはみんな目の色は青いが、生後2ヶ月くらいをかけてイエローやヘーゼルなど、それぞれが本来持つ目の色に変化していく。ちなみに、子猫時代の青い目はキトンブルーと呼ばれている。

猫が持つ宝石、キトンブルー。

猫が持つ宝石、キトンブルー。

しかし、なんらかの理由によって、片方の目だけが青いまま大人になる猫が稀にいる。これが、 オッド・アイの猫。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by MILK (@milkyblvck) on

オッド・アイは目の色が左右異なるだけで、目の見え方や健康には何も影響は無い。

そして、オッド・アイは多いのはNiu Nai のような黒猫のオッド・アイとなるとさらに珍しい。オッド・アイが多いのは色素が薄い白猫だからである。

白猫オッド・アイには会ったことあるかな?

白猫オッド・アイには会ったことあるかな?

世界中の猫好きを虜にするその神級の可愛さ

Niu Nai の家族によれば、Niu Nai が好きなのは「寝ることと食べること」。とっても普通であるが、こんなに可愛い子が言うと、なんだかそれすらも可愛く思えるのは不思議。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by MILK (@milkyblvck) on

アニメのような、ぬいぐるみのような、その可愛さで、Niu Nai のInstagramアカウントには、開設後ものの3ヶ月間で5万人ものフォロワーがついた。納得しかない。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by MILK (@milkyblvck) on

きっと一目見るだけでヒトの目をハートにしてしまう Niu Nai の Instagramアカウントは要チェックだね!

▼ こっちの可愛さも負けてない!

関連記事:ぬいぐるみ?!アメリカの動物園でオセロットの子ネコが誕生!その可愛さに世界が悶絶

左右の目の色が違う「オッド・アイ」を持つ珍しい黒猫。神がかった可愛さで世界的アイドルに。

Leave a Reply