北米

猫好きゲーマーなら訪れたい、シカゴにあるゲームができる猫カフェ。猫をお膝に乗せてゲームする幸せ。

たぶん、ゲーマーと猫は最高に相性が良い。 アーケードをコンセプトにした猫カフェ アメリカ・シカゴにある猫カフェ「the CATCADE」(ARCADE ✖️CAT = CATCAGE / キャットケード)のコンセプトは、アーケード(アメリカでいう “ゲームセンター”)が一緒になった猫カフェ。 そのコンセプトでわかるように、ここを利用するお客さんは15ドルを払えば、懐かしのパックマンやNintendo64のマリオカートなんかを楽しみながら猫と触れ合うことができる。 アーケードがコンセプトではあるが、空間は落ち着いていてゴチャゴチャしていない、大人ゲーマーがゆっくりとコーヒーを飲みながらリラックスしてゲームができそう。   View this post on Instagram   A post shared by The Catcade (@thecatcade) on Oct 3, 2019 at 11:56pm PDT もちろん、ゲームをしなくてもいい。高速Wifiが完備されているので、パソコンを持ち込んでネットサーフィンをするのもいい。 ゲームをしてもしなくても、周りにはかわいい猫たちがいる。猫をお膝に乗せてゲームに没頭できるなんて、猫好きゲーマーにとっては夢のような空間に間違いない。 ゲームをお邪魔されても文句は言えない、むしろ至福に尽きる。   View this post on Instagram   A post shared by The Catcade (@thecatcade) on Sep 6, 2019 at 10:53pm PDT 猫がいる暮らしを疑似体験 ここにいる猫たちは全員が里親募集中の保護猫たち。カフェの利用者はここでビビビっとくる猫と出会ったら、家族として家に迎えることができる。   View this post on Instagram   A post shared by The Catcade (@thecatcade) on Jul 26, 2018 at 12:26am PDT ゲームに没頭して目が疲れたら、かわいい猫を見れば癒される。キーボードを打つのに手が疲れたら、ふわふわな猫を撫でれば疲れも吹っ飛ぶ。ゲームに負けて落ち込んでも、猫がお膝に乗ってきたらそんなの忘れてしまう。 「お家に猫がいたら、毎日こんな感じなのかな」をこのカフェで疑似体験できる。 強いコンセプトの猫カフェでPR オープンしたのは2017年夏、猫が大好きなクリスさんとシェリーさんが始めた。 View this post on Instagram A post shared by The Catcade (@thecatcade) on Aug 27, 2018 at 11:01pm PDT 1匹でも多くの猫を幸せにする猫カフェを運営したいという思いは長年あった。そして、世界中の猫カフェを訪れるなかで、ゲームと猫カフェというコンセプトを思いついたのだという。強いコンセプトがある猫カフェで、従来の猫カフェには来なかった客層を呼び込むことができたのだという。 オープンしてからこれまでに800匹以上の猫を里親の元に導いた。 View this post on Instagram…

猫だってハロウィンを楽しもう!個性的な猫用ハロウィンコスチューム8選。パーティの主役はいつだって猫。ワールドワイド

猫だってハロウィンを楽しもう!個性的な猫用ハロウィンコスチューム8選。パーティの主役はいつだって猫。

今年のハロウィンパーティ、準備はできてる?! “かわいい” は当たり前!着るなら個性派で勝負 猫と一緒にハロウィンを楽しむなら、猫にもよるが、猫だってかわいい衣装は着たい。でも、かわいい猫に、かわいい衣装を着せて、かわいいのは当たり前。 「かぼちゃとか、オバケとか、もうかわいいって言われるのは飽きたよ!」っていう猫にはぜひ、個性的なハロウィン・コスチュームをぜひ着てほしい。パーティの主役になるのは、間違いなし! ほんじつのニャース編集部が厳選した、猫向けの個性派ハロウィン・コスチュームを紹介したい。 *本ニャースは広告ではありません No.1 パンケーキ みんなが大好きなパンケーキになれちゃうなんて・・!!ちゃんとてっぺんには四角いバターが乗っていて、シロップがタラ〜リとかかっているのが本当に美味しそう。間違って食べられちゃわないように、気をつけてね。 No.2 ユニコーン レンボーカラーがインスタ映え間違いなし、近年大人気のユニコーン!みんなが憧れる伝説の動物になれちゃうなんて、夢みたいだよね。 No.3 パン そう、あのパン、しかも食パン!シンプルイズザベスト、ありそうでなかったアイデア!猫のフワフワと、食パンのフワフワが最高にマッチしそう。 No.4 タケコプター? 世界的有名な猫型ロボット・ドラえもん、になるのは直球すぎるから、ここはあえてタケコプター(風)で「あいつ、斜め上のセンスだな」って言われるのを目指して。 No.5 ドラゴンフルーツ いちごとか、メロンとか、バナナとか、そういう “みんなに愛される類の” 果物のやつは見たことあっても、ドラゴンフルーツって個性的でしょ? No.6 幼稚園児 ヒトの心を鷲掴みにするのは、子供か猫か。じゃー猫が子供(しかも園児!)になったら「かわいいかわいいかわいい」の嵐になること間違いなし。 No.7 シェフ パーティに美味しい食べ物は欠かせない。じゃーシェフを呼んで美味しい料理を作ってもらおう!なんの料理かって?それは、いつもお土産に持ってくる、新鮮なネズ・・・(以下自粛)。 No.8 アボカド アボカドってみんな好きだよね?人気者に変身したら、もっとみんなから好かれちゃう可能性があるから、要注意だよ。   お気に入りは見つかったかな?もしもヒトが買ってきたやつが気に食わなかったら、頭ブンブンして振り落としちゃえばいいよ! ▼ 本物の美しさを猫に学ぶ。 こっちも読んでみて:違うってことは、美しいんだよ。お顔に障がいを持って生まれた猫が教えてくれる、本物の美しさ。

【猫からの挑戦】この森のどこかにヒョウが隠れてるよ!ニャン(難)問です、見えるかな?ヨーロッパ

【猫からの挑戦】この森のどこかにヒョウが隠れてるよ!ニャン(難)問です、見えるかな?

目を細めて、よーくよーく、見てみよう。 ここのどこかに猫科の動物が ロシア極東にあるヒョウの森国立公園(Land of the Leopard)が公式Twitterに投稿したのは、森林の写真。しかし投稿にはこう付け加えられていた、「ヒョウを探せ!」と。 💥Найди леопарда!💥 Пока весь мир разыскивает леопарда на нашумевшем фото @BellaLack , мы решили доказать, что дальневосточные леопарды маскируются ничуть не хуже, чем его более южные сородичи. А на самом деле – в разы лучше!😺 pic.twitter.com/pqA7enjogW — Земля леопарда (@Leopard_land) October 1, 2019 ・・・ん?? どう見ても森林だけにしか見えないこの写真のどこかに、でっかい猫(ヒョウ)がいると???? 猫好きな読者なら、きっと猫アンテナで見つけられるに違いない。老眼のせいにしないで、ちゃーんと目をこらして見てほしい。 隠れてるのは、絶滅危惧種のアムールヒョウ ヒントは右下のほう!次の写真で拡大するよ!     さすがに見えたよね? 正解は・・・     ここ!!!こーこ!!! Друзья, спасибо за ваше активное участие в обсуждении фотографии с “невидимым” дальневосточным леопардом! 😺 Действительно жаль, что зверю удалось замаскировать свою морду, однако особо внимательные заметили характерные пятна хищника, а также очертания спины и хвоста. 🐆 pic.twitter.com/3TfE8NRCxo — Земля леопарда (@Leopard_land) October 2, 2019 ヒョウ国立公園はこのクイズについて、「お顔はちゃんと隠せれたけど、残念ながら特徴的なあの模様とか尻尾は見えちゃってたよね〜」と、まるでみんなが簡単に見つけられたかのようにコメントしているが、間違いなく結構な難問だと思う。 地球上で最も絶滅の可能性が高いネコ科動物 この写真で森林と見事にカモフラージュしていたのは、ヒョウのなかでも大型のヒョウであるアムールヒョウ(別名:シベリアヒョウ)。 現在野生のアムールヒョウの生息が確認できているのは、ロシアにあるこの国立公園と国境付近の中国側の一部のみ。その数は近年少し増えているものの、それでも最新の調査でロシア国内では86頭しか確認されていない。「地球上で最も絶滅の可能性が近いネコ科動物」だと言われている。 ついでにこっちでもヒョウを探していただこう…

そんな手は効かないニャ!お仕置きを天才的な方法で回避する猫。やはり猫を征服するなんて考えないほうがいい。ワールドワイド

そんな手は効かないニャ!お仕置きを天才的な方法で回避する猫。猫を征服するなんて考えないほうがいい。

ボクシングの世界チャンピオンもびっくりの反射神経。 しつけ?!猫相手にそんなの効かないニャ!! 猫が悪いこと(=人間にとって都合が悪いこと)をした時、いろんな方法で人間が猫に「これはヤメてね」と伝える方法がある。その一つとして、水が嫌いな猫に霧吹きや水鉄砲で少しお水をかけてビックリさせる方法が有効だと言われている。 その方法を実際に試してみた動画が今月4日、Twitterに投稿された。すでに150万回近く再生され話題になっている。 ▼ 「このお仕置き、効かないんだけど・・」音付きだと尚良しです。 This punishment is not working… pic.twitter.com/Gky81iQA0q — Mr. Meowgi (@Mr_Meowwwgi) October 3, 2019 水を怖がるどころか、水に向かって行っている!!噴射されるお水をうますぎる具合に全部お口でキャッチ!絶対飲んでるよね?そういう飲み方なの??ていうか、その反射神経、すごすぎない??? もはや何のための水鉄砲だったか忘れるくらい、「さすがです・・・・・」と猫に全面降伏するしかない。 神的反射神経を持つニャンズに賞賛の声 これに対し、「うちでもやってみた」の投稿が相次いだ。 ▼ 「うちの猫が噛むから、やってみた。」 My cat does the same thing. He would bite me so I would spray him. pic.twitter.com/Y5Svk12pPE — Elizabeth Wachsberg (@EWachsberg) October 3, 2019 最初の猫ほどの素早さと正確さではないものの、見事にお水をお口でキャッチしている(飲んでいる)。これに対し、ネットの猫好きからは賞賛の声が相次いだ。 ▼ 「猫を征服しようする企みが、逆に猫を強くさせる」 “Your attempts to subdue me only make me stronger, Human.” — Lewdsmith🔞ZaBoom (@ZaBoom_Lewdie) October 4, 2019 ▼ 「即興しろ、順応しろ、そして乗り越えろ。」 Improvise. Adapt. Overcome. — 🎃Acidtober🎃 (@AcidsBack) October 4, 2019 そもそも、そんな小細工で猫をしつけようなんてほうが、無理かもしれない。だって世界は猫のものなんだから。 Source:Mr. Meowgi ▼ 猫ってお水は結構イケルのかな?! こっちも読んでみて:パパに泳ぎを教えてもらったパパっ子な子猫。いつでもどこでも付いてっちゃうよ!

お家まで付いてきて窓からジッ・・と覗いてくるストーカー猫。いったい君はどこの誰なの。なんでついてくるの。北米

お家まで付いてきて窓からジッ・・と覗いてくるストーカー猫。いったい君はどこの誰なの。なんでついてくるの。

猫だから可愛くって許される。 見知らぬ猫が、後をつけてくる アメリカ・テキサス州に住むエレンさんが9月24日、Facebookの猫グループに投稿したのは、可愛すぎるストーカーの犯行の一部始終。 事の始まりは今年の夏、エレンさんがボーイフレンドと一緒に愛犬のお散歩に行っているときだった。白黒の猫が、後をついてきた。 自身のお家にも猫がいる猫好きなエレンさん、「ついてくるなんて可愛い♡野良猫かな?」と思いきや、お腹まわりはポッチャリしていてちゃんとご飯は食べている。そしてあまりにも人馴れしている。初めて見るけど、きっとご近所の猫なんだな、と思ったという。 お散歩についてくるのはいいが、そのままお家までついてきてしまった。少しご飯とお水をあげたが、まだ中に入りたがっている。 見てる・・見てるよ・・気づいてよ・・・ しかし、猫はエレンさんのお家から去ろうとする気配はない。フと窓から感じる視線、その先には・・・。 見てるよ。 猫が、見てるよ・・・。 きっと、ストーカーに覗かれるってこんな感じなんだろうな、と思われる熱すぎる視線がちょっと怖い(けど激可愛い)。しきりに「中に入れておくれ」と主張している。 犬用の小窓から侵入を試みたり、しまいには、エレンさんのお家にいる犬にケンカまで売る始末。 猫はエレンさんのお家を去る気配はなく、夜はお家の外のパティオで過ごした。お家のなかにご招待したかったが、自分のお家にいる猫は他の猫が大嫌い。残念ながら容易にお家に入れるわけにいかなかった。 エレンさんが一歩外に出れば、もちろんついてくる。横にぴったり付いて歩く様子は、よくトレーニングされたお利口な犬のお散歩のよう。 エレンさんは猫にグレッグというあだ名をつけた。猫のグレッグ(仮)は4日間もエレンさんをストーキングした。可愛すぎるストーカー猫のグレッグ(仮)をシェルターなどに連れていくことも考えたが、間違いなく近所の飼い猫だと確信していた。 無事にパパと再会 エレンさんは近所に聞いてまわったり、近所の迷い猫コミュニティにグレッグ(仮)のことを投稿したりしていた。そして、マイクロチップリーダーを貸してもらえることになり、グレッグ(仮)の本当のお家が判明した。 グレッグ(仮)の本当の名前はカイロ、お家のパパが懸命に探していた。 猫のカイロのお家とエレンさんのお家はすぐそこの超ご近所だった。カイロはこれまでずっとお家のなかにいたが、ある日お家から出て行ってしまったのだという。 ずっとつきまとわれていた猫がいなくなって、エレンさんは「正直すごく寂しい(笑)」と話した。4日間、お家を出れば後をついてきて、お家に入れば視線を注がれていたのだ、その存在感はすごかった。 カイロ(旧:グレッグ)は今頃パパのお膝でたんまり甘えながら、お外で出会って好きになっちゃった女の人のことを報告しているに違いない。 Photo & Source:Austin Lost and Found Pets, Erin Breean ▼ お家の中に不法侵入・不法滞在しちゃう猫もいるけどね! こっちも読んでみて:いろんなお家に勝手にお邪魔して長期滞在する黒猫が話題。ある日見知らぬ黒猫がベッドで横に寝てるかも?

猫のゴロゴロがずっと聞けちゃう夢の猫ポッドキャスト。あまりの平和に聞いてて眠くなる不思議。ヨーロッパ

猫のゴロゴロがずっと聞けちゃう夢の猫ポッドキャスト。あまりにも平和すぎて眠くなる。

大好きなアノ音が、ずっと聞けちゃうなんて。 猫のゴロゴロが平和と愛に溢れている お膝に猫を乗せて、優しくナデナデ・・・。すると間も無く聞こえてくる、猫が喉を鳴らすゴロゴロ音・・・。 平和と愛の象徴とも言える、猫のゴロゴロ。その音がずーっと聞けちゃう夢みたいなポッドキャストがある。 ▼ 冒頭の紹介と音楽のあとの1:30くらいからゴロゴロはじまるよ!とにかく聞いてみて! 聞けるのは、30分間の「猫のゴロゴロ音」だけ。たまにゴロゴロが激しくなったり、イビキのように ゴォッ・・と言うときもあるが、基本ずっと高音質なゴロゴロが続く。 ゴロゴロ、ゴゴゴゴロロゴ・・・ゴロゴロゴロロロ・・・。 こんなに平和で暖かい音、他にあるだろうか。 あの指への振動すらも感じる気がする このポッドキャストでゴロゴロと喉を鳴らしているのは、アイルランドに住む5歳の茶トラ猫、ビルボ。自身のTwitterアカウントでは6万人もフォロワーがいるニャンフルエンサー。 ゴロゴロの収録時には、家族であるエレンさんのお膝の上でナデナデをしてもらっている。 ビルボのゴロゴロを聞いていると、まるで自分のお膝にビルボが乗っかっているかのような不思議な感覚になる。指にはゴロゴロの振動まで響いてきそうだ。 眠れない夜や勉強に集中したい時におすすめ ちなみに、1曲目とそう変わりはないが、今のところ猫のビルボによるゴロゴロは2曲公開されている。 ▼ ビルボの喉ゴロゴロ2曲目 間違いなくリラックス効果があるので、眠れない夜や、勉強に集中したいときなんかにオススメ。 猫をナデナデしたいけど猫がいない時にも、この音を聞けば、まるで猫があなたのお膝にいるかのような「エアー猫」を体験できるに違いない。 なお、収録時には余計な音が一切入らないように冷蔵庫の電源までオフにする徹底ぶり。3曲目も間も無く公開される予定で、待ちきれない。 Photo & Reference:bilbo, Ellen Murray ▼ 思わず笑ってしまうので電車のなかでは見ないでくださいね。 こっちも読んでみて:猫が無表情で踊る動画が世界で流行中!なぜかニヤけてしまうので閲覧注意です。

毎日開店と同時に行って閉店で帰るスーパーの常連さんは、猫。お客さんからオヤツをもらい徐々に丸く。ヨーロッパ

毎日開店と同時に行って閉店で帰るスーパーの常連さんは、猫。お客さんからオヤツをもらい徐々に丸く。

スーパーに買い物に行くなら、かわいい常連さんがいるところがいい。 毎日朝6時から夜10時までスーパー通いな猫 スコットランドにある大手スーパーマーケットのTESCO(テスコ)では、開店前の朝一に店頭に着くのは従業員でもお客さんでもない。おヒゲが可愛らしい白黒の猫である。 ”テスコ・キャット” とあだ名がつけられた9歳の猫のスパルタクスは、毎日このスーパーに通っている。だいたい毎朝6時にはお店に来て、閉店後の夜10時にはお店を出てお家に帰る。 店頭の商品の上でお得意の香箱座りをしている様子は、もはや定番。ここにお買い物に来るお客さんなら誰でも知っている。 ヤンチャ坊主を避けてたどり着いたのがスーパー 猫のスパルタクルスのお家には、ママとパパ、そして3歳半のヤンチャな子供がいる。 「たぶん、猫のスパルタクルスは子供が好きじゃないみたい。子供がスパルタクルスと遊ぼうとしてから、スーパーに行くようになったんだ。あと、子供が注目を浴びるのが気に入らないのかな。」と家族は話す。 そして「友達がスーパーに買い物に行った時、スパルタクルスがスーパーで何してるか写真を撮って知らせてくれるんだ。本当に、笑えるくらい毎日スーパーに行ってるんだよね。」と苦笑した。 お客さんからもらうオヤツで徐々に丸く お家からは子供を避けるように出て行ってしまう猫のスパルタクルス。しかし当の本猫はスーパー通いの暮らしもなかなかお気に召しているようだ。 なんてったって、スーパーのお客さんからたんまりナデナデしてもらい、オヤツだってもらえる。もともとはスリムだったその体も徐々に丸くなり、今ではれっきとしたポッチャリ猫に。 スーパーのアイドル猫だから、お客さんの注目もオヤツも独り占め。 スパルタクルスの家族は「日中は全然お家にいないけど、僕たちはスパルタクルスが大好き。本当は犬も迎えたいなって思うんだけど、そんなことしたらいよいよスパルタクルスがお家に帰らなくなりそうだから、しないけどね。」と話した。 もうここのスーパーの広告塔もできそうな猫のスパルタクルス。でもオヤツのもらいすぎには気をつけてね! Photo & Reference:Birmingham Live ▼ こっちの猫もあんまりお家に帰らないんだっけ。 読んでみてね:いろんなお家に勝手にお邪魔して長期滞在する黒猫が話題。ある日見知らぬ黒猫がベッドで横に寝てるかも?

お葬式に参列し遺族の悲しみに寄り添い、死者を天国に「いってらっしゃい」をする猫。ヨーロッパ

お葬式に参列し遺族の悲しみに寄り添い、死者を天国に「いってらっしゃい」をする猫。

猫が送り出してくれるなら、安心して天国に行けそう。 お葬式に参列する猫 イギリス西部にある人口約12,000人の小さな村、イーストハム。ここで執り行われるお葬式には、参列者のなかには、猫がいる。 8歳の茶トラ長毛猫のパディーは、ここの近くのお家に住む猫。3年前に一度迷子になったが、その時に見つかった場所は、村にある葬儀屋さんだった。 それ以来、パディーはお葬式に参列するようになり、これまでに100人以上の人を天国に「いってらっしゃい」をした。 お葬式の最前列に座っていたり、運ばれる棺の前を歩いて道を先導をするほか、時には遺族の横に座って悲しみに寄りそう。 猫は、何かわかっている この葬儀屋さんで働くキャロルさんは「パディーは特別な猫です。何か感じるのか、お葬式がある時には、きちんと遅れることなく式が始まる前にやって来ます。遺族の方がパディーの参列を望めば、そのままパディーはお葬式に参列します。」と話す。 パディーがお葬式に現れるタイミングは完璧。ある時は、故人が生前愛した猫についての言葉が読まれている時に、窓の外にヒョイと現れた。それはまるで、故人の猫がその言葉を聞いているかのようだった。 またある時には、奥さんはずっと茶トラの猫が欲しかったが、夫が反対されていて飼えなかった。その夫が亡くなったお葬式に茶トラ猫のパディーが現れた。まるで死んだ夫が「茶トラ猫、これで心置きなく飼えるね」と言っているかのようで、その場の空気が和んだこともあったという。 きっと、猫のパディーは全部わかっているに違いない。 小さな村の葬儀屋さんだから、パディーはみんなのことを知ってるし、みんなもパディーのことを知っている。パディーは大事なお友達が亡くなるお葬式で、村の猫代表として追悼の意を捧げているのかもしれない。 Photo & Reference:ECHO ▼ 協会にも、猫がいるんだよ こっちも読んでみて:教会に住みついた猫、神に身を捧げ猫神父となり、みんなの平和をお祈りするよ。ニャーメン。

人里離れたお山の頂上で猫が見つかった。ハイカー夫婦が救助に向かい、無事下山。夫婦のお家でたっぷり愛される。北米

人里離れたお山の頂上で猫が見つかった。ハイカー夫婦が救助に向かい、無事下山。夫婦のお家でたっぷり愛される。

お山に住むのはヤマネコに任せて、イエネコはお家でゴロゴロするのが一番だねっ。 「お山のてっぺんに猫がいる」ハイカー夫婦に来たSOS アメリカ・ノースカロライナ州にある自然公園 Looking Glass Rock Trail は、人気の登山スポット。ここにあるお山の頂上で、猫が1匹だけでいるのが目撃された。マウンテン・ライオンでもなく、ヤマネコでもなく、普通の可愛らしい猫だった。 「あのお山のてっぺんに猫がいるって聞いた?」とハイカー仲間から猫の噂を聞いたのは、普段から登山やハイキングを楽しんでいる夫婦、ビルさんとマリーさん。 「その噂を聞いた瞬間から、”何かしら僕にできることをしたい” とすぐに思った」とビルさんは話した。 捕獲器を担いでいざ登山!猫ちゃん待ってろよ ヤマネコでもない普通の猫が1匹ぼっちで人里離れたお山のてっぺんに居て、大丈夫なわけがない。ビルさんはすぐに猫の救助に向かうことを決意した。 距離にして約9キロ、高さ約500メートルの岩だらけの山道を、猫の捕獲器を背中に背負ったまま進んだ。 しばらくして、山の頂上についた。すぐに猫の目撃情報があったところで猫の姿を探すが、猫がどこにも見当たらないー。 しかし、他の登山者が叫ぶ声が聞こえた「あっあんなところに猫が!」。夫婦はその場所に捕獲器を置き、猫が入るのを待った。 丸一日かかると思われた猫の救助だったが、よっぽどお腹が空いていたのだろう。猫はものの数分で捕獲器に入った。夫婦は喜びと安堵で「ワンダフル!やった!」と声をあげた。 無事に保護され下山、そのまま夫婦のお家の子に 行きの山道は夫婦だけだったが、帰りの下山コースにはチームにかわいい猫が1匹加わった。 下山後はすぐに病院に行った。泥で黄色くなっていたが、綺麗にするとフワフワな白い毛が現れた。 「うちで迎えるか他に里親を探すか、ちょっと考えたけど、出会った時にもう答えは決まってた」とビルさん。猫はそのまま夫婦のお家の子になり、エルジーと名付けられた。 最初の数日間は隠れてばっかりだったけど、そのうち夜中のカメラに探検している様子が映ったりと、徐々に慣れていった。 今はもう、夫婦のことが大好きなゴロゴロの猫だ。ビルさんのおヒゲを綺麗にするのが好きで、もともとはお山にいたなんて考えられないくらい、家猫生活をエンジョイしている。 そして夫婦は「猫のエルジーのことを死ぬほど愛してます」と語った。 どうしてお山のてっぺんなんかにいたのかはわからないけど、お山から降りられてよかったね! Photo & Reference:The Dodo ▼ 意外なところでヤマネコに会えたりもしちゃうけどね。 こっちも読んでみて:ロシアの農家が4匹の子ネコを拾った。けど、ただのネコじゃなかった?!その正体とは?!

アメリカで増えるキャティオ・ツアーの開催。アイデアを得て、愛する猫に最高のキャティオを贈ろう。北米

アメリカで増えるキャティオ・ツアーの開催。アイデアをもらって、愛する猫に最高のキャティオを贈ろう。

キャティオ、羨ましっ。 アメリカでキャティオがジワジワ普及中 「キャティオ」、それは半外庭の猫専用パティオ(パティオ+キャット=キャティオ)。いつもは室内にいる猫でも、交通事故などの心配なくお外の空気を堪能できる、お外好きな猫なら誰でも欲しくなっちゃうもの。 アメリカを中心にジワジワと普及中で、キャティオのタイプは大きいものから小さいものまで様々。 広いお庭付きの戸建のお家なら、たっくさん運動できるヤツなんかも置けるだろう。 お庭がなくても、窓の外にとりつける簡易版のキャティオだと、お外の空気が吸えて気持ち良さそう。 キャティオ・ツアーでインスピレーションをもらおう アメリカではキャティオを作る専門の業者さんもいるが、DIYが活発なアメリカでは日曜大工感覚で手作りしてしまう人も多い。 しかし、いざ自分で作ろうとなっても「どんなものにしたらいいかわからない」人は多いと思う。そこで、キャティオの普及に伴い最近増えてきているのが、他のお家のキャティオをツアー形式で見て回れる「キャティオ・ツアー」だ。 参加者は5ドル程度で、キャティオを持っている地元のお家をみんなで訪ね、実際に猫たちがキャティオを使っている様子を見たり、建設・使用にかかる実際の注意点を聞いたりする。 DIY初心者のためのDIYキャティオ・キットもオンラインで販売されている。キットと言っても、実際の木材などは付いておらず、作りたい建設するための手順書のPDFをダウンロードする形だ。 お家やライフスタイルに合った安全なキャティオを キャティオが普及しつつある一方で、野良猫とのフェンス越しで出会って思わずファイトに発展してしまったり(あくままでフェンス越し)、穴が開いて お外に出てしまったり、ノミを室内に持ち帰ってきてしまったりと、思わぬトラブルもあるようだ。 猫にキャティオをプレゼントする際には、どんなキャティオがお家やライフスタイルに適しているかに加え、ちゃんと安全は守れそうか、をきちんと考慮して計画に臨みたい。 きっと最高のプレゼントになるはず。 「キャティオ作ったけど猫がキャティオを使ってくれない!」という悲しい結果も時にはあるみたいだけど、それはまぁ猫だからそういうときもあるよな・・、と広く暖かい心で受け止めてね。 Photo & Reference:Feral Cats, Cats Safe at Home ▼ キャティオをおさらいしよう こっちも読んでみて:安全にお外で遊べる猫中庭がジワジワと普及中。【キャティオのススメ】

caticon世界の担当ジャーニャリスト

ワールドワイド

編集長:フォックス

北米

担当:オリバー

ヨーロッパ

担当:ロージー

日本

担当:チョビ

アジア・オセアニア

担当:ミミ

 中南米・南米

担当:シンバ