to the TOP
ヤマネコと車の事故をなくせ!台湾で最新テクノロジーを駆使したネコ感知システムが開発される。

ヤマネコと車の事故をなくせ!台湾で最新テクノロジーを駆使したネコ感知システムが開発される。

                               

お外で暮らすネコにとって、車との衝突事故は深刻な問題だ。

ネコ感知システムで事故をゼロに

5月17日台湾北部の高速道路で、野生のヤマネコと車の衝突事故を防ぐ、世界初のスマート・ネコ感知システムが発表された。

政府(交通部公路総局)主導のプロジェクトで、大学と固有種研究施設が共同で開発した。

AI(人工知能)を備えた赤外線カメラがヤマネコを感知すると、その1キロ前にいる車に道路標識で警告がでるというもの。これにより、運転手は前方により注意を払って運転するようになる。

また、ヤマネコにも光と音で警告し、道路を横切るのを防ぐという。

模型を使って行われたデモ
模型を使って行われたデモ(写真:TAIPEI TIMES

台湾唯一のヤマネコ、ベンガルヤマネコ

このプロジェクトがターゲットにしているのは、台湾に生息する唯一のヤマネコとなった、ベンガルヤマネコ台湾全土での生息数は500程度と言われている。

大きさはイエネコ(飼い猫)程度で、ヒョウ柄が特徴的だ。飼い猫として人気の猫種・ベンガルはベンガルヤマネコとイエネコを交配したもの。

ベンガルヤマネコは標高500メートル以下の地域で生息するため、人間が住む農村部で目撃されることが多く、最近では車との衝突事故により生息数が減っている。

今回発表されたネコ感知システムは、今後設置地域を拡大予定だという。

ベンガルヤマネコをこれ以上減らさないために
ベンガルヤマネコをこれ以上減らさないために(写真:Wikipedia

不幸な事故がなくなりますように。

                       

おすすめニャース:

かわいい子猫を保護したら、実は野生の「ジャガランディ」だった。南米アルゼンチン。

2019.12.01

保護したかわいい子猫、実は”小さなライオン”と呼ばれる野生の「ジャガランディ」だった。南米アルゼンチン。

今頃広い森でめいっぱいヤンチャに遊んでるのかな。   見つけたヤンチャな子猫 南米・アルゼンチンに住む18歳のフロレンシアさん。ある日弟と一緒に釣りにでかけていたところ、茶色い2匹の幼い子猫を見つけた。その横にはママ猫がいたが、すでに亡くなっていた。 ...

釣り人の網に入ったのは、野生のでっかい猫?!ボブキャットがなぜここに。 →無事にお帰りになる。

2019.10.16

釣り人の網に入ったのは、野生のヤマネコの子猫?!無事に救助してお帰りになる。

釣りにきて、まさか猫を見つけるとは思わないよね。   湖で釣りにきたファミリーが見つけたもの アメリカ・モンタナ州にあるフラットヘッド湖に、今月初めに釣りを楽しみに来たブレットさんとその家族。湖岸から遠く離れた水面で、何かが動いているのに気が付いた。 ...

【猫からの挑戦】この森のどこかにヒョウが隠れてるよ!ニャン(難)問です、見えるかな?

2019.10.08

【猫からの挑戦】この森のどこかにヒョウが隠れてるよ!ニャン(難)問です、見えるかな?

目を細めて、よーくよーく、見てみよう。   ここのどこかに猫科の動物が ロシア極東にあるヒョウの森国立公園(Land of the Leopard)が公式Twitterに投稿したのは、森林の写真。しかし投稿にはこう付け加えられていた、「ヒョウを探せ!」と。 ...

todaysmeows
                       

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。