to the TOP
猫とネコメンを罰した航空会社、ロシア全土から反感を買う国家非常事態に。燃える猫大国。

罰としてマイルを没収した航空会社、ロシア全土から反感を買い国家非常事態に。燃える猫大国。

                               

猫による国家非常事態宣言が発動されそうです。

 

猫スパイをした猫、マイルを没収される

事の発端は先月末。ざっくり言うと、こんなところである。

  1. ロシアのネコメンであるミハイルさんと愛する猫のビクターが一緒に飛行機座席に乗ろうとしたが、
  2. 「2キロの体重オーバーなので猫は貨物室へどうぞ」と航空会社に座席への搭乗を拒否された。
  3. しかし翌日、ビクターに似た痩せた影武者猫でチェックイン。後にビクターとすり替えて無事にビジネスクラスに搭乗。
  4. ミハイルさんはその猫スパイの成功を今月6日、自身のFacebookに投稿し世界中で話題になった。
詳しくは:おデブで搭乗拒否された猫、痩せた影武者を用意しビジネスクラスで快適な空の旅を楽しむ
これがそんなに話題になっちゃうなんて!
これがそんなに話題になっちゃうなんて!

ミハイルさんと猫のビクターの影武者作戦の成功に、多くの人々が「よかったね!」「すごい!」というポジティブな反応を見せるなか、2人を乗せたロシアの航空会社(アエロフロート)はそのルール違反行為を深刻に受け止めた。

実際に空港内で “猫をすり替える” 猫スパイ行為が行われる様子を監視カメラで確認できたということから、罰としてミハイルさんがこれまで貯めた全てのマイルを没収した。そのマイル数は37万マイル、結構なマイル数。

だが、これを発端にロシアが燃えた。

そもそもおデブじゃなくって、骨太なだけ!
そもそもおデブじゃなくって、骨太なだけ!

 

ロシア猫好き「猫はそもそも貨物ではない」

世界で一番猫好きが多いと言われる超・猫大国のロシア。ミハイルさんと猫のビクターを罰した航空会社は、ロシア全土の猫好きから逆に反感を買ってしまい大炎上。

ハッシュタグ「#бронебагаж:この相棒(猫)は貨物ではありません」が生まれ、ロシア猫好きによってSNSで大規模な抗議キャンペーンが始まった。

▼ 太っちょ猫を乗せた飛行機で航空会社のロゴが作成された。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Olga Soldatova (@soldafono) on

▼ 航空会社による処罰を逮捕と比喩した画像。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Приют “Кошачья надежда” (@the_hope_of_cats) on

▼ 「わたしの猫、わたしのルール、わたしのマイル」

紹介した以外にも、まだまだある。

 

政治家も巻き込まれる国家事態に

しかし2人の肩を持つのはネットの猫好きさんたちだけではない。

CBCによると、ロシアで副議長を務める政治家のウラジミール・ブルマトプ氏は「現規定は厳しすぎる、規定を緩和し処罰を撤回してはどうか」との提案書を航空会社のCEOに送ったとテレビで話したという。

こうなると、生粋の動物好きとして知られるロシア首相のプーチンさんのコメントが気になるところだが、「関与しない」と発表した。(誰か聞いたんだね)

▼ 「 “官邸は猫の件についてはコメントできないし、するべきではない” と官邸広報がコメントしたと伝えられた」

また、ミハイルさんと猫のビクターを応援したいと多数の企業がスポンサーを申し出た。

提供されるものは、1万マイルが加算されたクレジットカード、一年分の猫フード、上限なし無料のタクシーチケットなど、たっくさん。2人は事実上のセレブとなった。

 

猫大国ロシアの猫パワーすごい

ミハイルさんはこの航空会社からの処分に関して「ルール違反をしたのは間違い無いので、処分に応じます」と控えめな対応。

没収されたマイルは37万マイル、普通であれば到底達成できないマイル数であるのは、ミハイルさんが航空会社をよく利用していたお客さんだったから。そのお客さんからマイルを没収してしまうとは、なんとも皮肉。

まだ規定内の体重だった頃の猫ビクター。
まだ規定内の体重だった頃の猫ビクター。

航空会社の対応について、あるメディアは “Facebookという公の場でルール違反行為を自慢げに暴露された” ことに航空会社が腹を立てたのではないかと推測している。

安全のために規定が存在し、どこかで線引きをしないといけない以上、「どんな猫でも座席に!」とは言えないが、航空会社の対応は処分以外にもチェック体制を見直すとか他の方法はあったんじゃないかな。

しかしそんなことよりも何よりも、今回のミハイルさんと猫のビクターの猫スパイ行動を見て思うのは、ロシア全土を揺るがす非常国家事態になってしまった “ロシアの猫好きさんたちのパワー” な気がするよね。

▼ 「ロシアは世界で一番、猫の飼育率が高い。ロシア人は猫を愛している。決してロシアで猫を敵にしないこと。」

 

最後まで読んでくれてニャりがとう♡こっちも読んでみて。

▼ 一度は行ってみたい、猫大国ロシア!

Similar articles:

ネコが好きすぎるロシアの猫街・ゼレノグラーツク。ネコ長官、ネコ信号、ネコ美術館でネコづくし。
ネコが好きすぎるロシアの猫街・ゼレノグラーツク。ネコ長官、ネコ信号、ネコ美術館でネコづくし。

ロシア西部にあるリゾート地、ゼレノグラーツクはも世界有数の “猫の街” として知られる。ただこの街は、少々、猫好きが過ぎている。   どこでもネコがいっぱい この街に来た観光客がまず挨拶

日本の “美術館に入りたい猫” のことが大好きなロシアの猫街。今度はプレゼントを送る。
日本の “美術館に入りたい猫” のことが大好きなロシアの猫街。今度はプレゼントを送る。

ロシア西部のリゾート地にある猫の街・ゼレノグラーツクは、他国のネコも大好きらしい。   日本の “美術館に入りたい猫” が気になってしょうがない 広島県にある尾道美術館。この美術館に2年

                       

おすすめニャース:

ご近所から靴ばっかり盗んでくる泥棒猫、圧巻の盗品コレクション。犯行も笑い飛ばすコミュニティが温かい。

2019.11.28

ご近所から靴ばっかり盗んでくる泥棒猫、圧巻の盗品コレクション。笑い飛ばすコミュニティが素敵。

「あれ?ここにあったアレが無い・・」って思ったとき、実はそれ、猫の仕業かもよ。   ご近所から盗んだ靴は数百足 ニュージーランド中心部にある街、ランギオラ。ここに住む地元住民を恐怖で震えさせている泥棒猫は、キジトラ猫のクーパー。 ...

丸裸になった猫のお尻、見ると何とも言えない不思議な気持ちに。猫の尻尾の正体。

2019.11.27

丸裸になった猫のお尻、見ると何とも言えない不思議な気持ちに。猫の尻尾の正体。

みんな大好きな猫の尻尾。そのフワフワの下ってどうなってるか知ってる?   丸裸の猫のお尻を見たことがあるか カナダ・アルバート州に住むドンさん。一緒に暮らす茶トラの猫は先日、手術を受けた。 ...

犬のような猫、地元のパブに入り浸り特製のミルクを楽しむ。都会暮らしのライフスタイルを満喫。

2019.11.26

犬のような猫、地元のパブに入り浸り特製のミルクを楽しむ。都会暮らしのライフスタイルを満喫。

犬みたいなライフスタイルを送る猫がいる。   リードをつけてお散歩を楽しむ猫 猫といえばお家の中でゴロゴロしているか、お外で自由にいろんなとこに一人で行くのが定番。でも、犬みたいにリードをつけて家族と一緒にお散歩を楽しむ猫がいる。 ...

todaysmeows
                       

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。