to the TOP
ロシアの農家が4匹の子ネコを拾った。けど、ただのネコじゃなかった?!その正体とは?!

ロシアの農家が4匹の子ネコを拾った。けど、ただのネコじゃなかった?!その正体とは?!

                               

ロシアの南東に位置するザバイカリエ地方で、農家がとんでもないモノを拾った。

4匹のかわいい、子ネコ・・?!

その農家の男性はある日倉庫で、ミャーミャーと鳴くフワッフワのかわいい子ネコを見つけた。

子ネコたちはとっても幼くまだ目も開いていない状態。男性は世話をするためにお家に連れて帰った。

かわいい子ネコ!でもいつも見る子ネコとはなんだかちょっと違う・・?
かわいい子ネコ!でもいつも見る子ネコとはなんだかちょっと違う・・?(写真:boredpanda

・・でも、その子ネコたちは、普段見かけるネコとはちょっと違う・・?

なんか、なんか、普通とは違う感じが、違和感があった。

不思議に思った男性は動物保護センターの専門家に子ネコたちを見てもらった。

専門家もビックリの超めずらしいネコだった!

すると、その子ネコたちはヤマネコの一種である “マヌルネコ” の子ネコであることが判明した!

マヌルネコは主に中央アジアの地域で生息し、警戒心が強く、滅多に人前に姿を表すことのない超めずらしいネコ。これには専門家も興奮。

このモッフモフに顔を埋めたい隠れファンが多いって噂!!
このモッフモフに顔を埋めたい隠れファンが多いって噂!(写真:boredpanda

大きさはイエネコとあまり変わらないが、寒い高地での生活に耐えるため、その毛皮は密集していてモッコモコ。丸々太って見えるが、それは全部毛皮だ。

足は短く、顔は横に広がり、耳は低い位置にあり、ひょうきんな顔立ちをしている。

ネコのようでネコじゃなく、ネコである。
ネコのようでネコじゃなく、ネコである。(写真:boredpanda

なんだか丸っこい尻尾はタヌキみたいである。

イエネコに愛されたヤマネコ。野生で頑張って生きてね!

農家の男性が拾ったマヌルネコの子ネコは、動物保護センターにいたイエネコが母ネコ代わりにお世話をした。

幸いなことに、その母ネコは自分の子供と同様に、マヌルネコの子ネコたちを愛した。

母の愛はイエネコもヤマネコも一緒!
母の愛はイエネコもヤマネコも一緒!(写真:boredpanda

そして十分に大きくなったころ、マヌルネコの4匹の子ネコたちは野生へと帰っていった。

厳しい環境下で生きる野生のヤマネコ。母イエネコの愛を忘れず、たくましく生きていってほしい!

どうか元気で!
どうか元気で!(写真:boredpanda

 

 

 

                       

おすすめニャース:

両後脚を失った猫、アスリート仕様の義足をつけてスーパースターに。バイオニャックキャットのヴィト。

2020.01.03

両後脚を失った猫、アスリート仕様の義足をつけてスーパースターに。バイオニャックキャットのヴィト。

ケガでも、猫らしさは失わない。   お留守番中に交通事故にあった猫 華やかなファッションの街としても有名な、イタリア・ミラノ。 猫のヴィトはこの街で、バスケットボールプレイヤーのシルヴィアさんと彼女の妻リンダさんと一緒に、のんびりと暮らしていた。 ...

2019.12.27

猫として初めて、犬のスイミング・レースに参加した猫。猫史に残る快挙!猫部門で1位。

犬たちは今頃、自分たちの立ち位置を不安に思っているに違いニャい。   犬の大会に参加する猫 オーストラリア・シドニーの北部にあるビーチで毎年クリスマスイブに開催される、犬のスイミング・レース(Scotland Island Dog...

かわいい子猫を保護したら、実は野生の「ジャガランディ」だった。南米アルゼンチン。

2019.12.01

保護したかわいい子猫、実は”小さなライオン”と呼ばれる野生の「ジャガランディ」だった。南米アルゼンチン。

今頃広い森でめいっぱいヤンチャに遊んでるのかな。   見つけたヤンチャな子猫 南米・アルゼンチンに住む18歳のフロレンシアさん。ある日弟と一緒に釣りにでかけていたところ、茶色い2匹の幼い子猫を見つけた。その横にはママ猫がいたが、すでに亡くなっていた。 ...

todaysmeows
                       

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。