to the TOP
猫が救った人生。ストリートキャット・ボブとミュージシャンが起こした奇跡にハイタッチ!

猫が変えた人生。ストリートキャット・ボブとミュージシャンが起こした奇跡にハイタッチ!

                               

ジェームズ・ボーエンさんはイギリス・ロンドン在住のミュージシャンであり作家。一緒に暮らしているのは、茶トラ猫のボブ。

この2人が起こした奇跡はあまりに有名ではあるが、今一度その物語を振り返ってみたいと思う。

猫は奇跡を呼び寄せるんだよ。
猫は奇跡を呼び寄せるんだよ。

 

ホームレスの青年が出会った猫

ジェームズさんは、18歳の頃にロックミュージシャンになることを夢見て地元を飛び出し、ロンドンでストリートミュージシャンとして活動を始めた。

しかし、思ったようにお客さんはつかず、お金は底をついて路上で生活するホームレスに。それから数年間も、路上で暮らし、寝る生活が続いた。

そしてついにはドラッグに手を出し、溺れ、中毒になり、路上で行き倒れになってしまう。

猫と出会ったのは、夢が破れた、まさに人生のどん底だったその頃。2007年のある日、ジェームズさんはケガをした茶トラの野良猫を見つけた。

 

自分も、猫も、行く場所はない

幼い頃、猫と暮らしていたジェームズさんは、猫が大好きで、放っておくなんてできなかった。猫を病院に連れていって、治療した。当日の1ヶ月分の収入は約30ドル、それ全部が猫の治療費に消えた。

数週間かけて、無事に猫は元気になった。このまま一緒に暮らしたいが、猫と生活することはそれなりの責任が伴う。それをよく知っていたジェームズさんは、猫の里親になってくれる人を探したが、見つからない。ついには、猫を手放すことを決意。

元気になった猫を置いてきた。苦しいけど、悲しいけど、それがお互いのため、そう自分に言い聞かせた。

大好きな猫と別れる決心、苦しかっただろう。
大好きな猫と別れる決心、苦しかっただろう。

でも、猫はジェームズさんを追ってきた!バスに乗るジェームズさんの後を追って、バスにも乗り込んできた。

猫を見てジェームズさんは「この猫も、自分と同じように、どこにも行く場所がないんだ」と思ったという。そして、行く場所が無いもの同士、一緒に生活することを決意する。

お互い行く場所がないなら、せめて一緒にいればいい。
お互い行く場所がないなら、せめて一緒にいればいい。

 

ハイタッチ!で起きる奇跡

ジェームズさんは茶トラの猫を「ボブ」と名付けた。

ボブはどこに行っても冷静で、人混みのなかでも多少音がうるさくても動じない。むしろ、ジェームズさんの隣は絶対に譲らなかった。

オシャレなマフラーを巻いて、ジェームズさんと一緒にストリートライブをすることが日課になった。

かわいすぎるライブ。
かわいすぎるライブ。

そして演奏が終わったあとはジェームズさんと「いい感じだったね!」のハイタッチ。

いい演奏だったよ!イェイ!
いい演奏だったよ!イェイ!

猫が参加するストリートライブと、かわいすぎるハイタッチは行き交う人々の注目を集め、どんどん有名になった。収入は、何倍にもなったという。

そりゃ猫がいたら思わず足を止めちゃう!
そりゃ猫がいたら思わず足を止めちゃう!

のちにジェームズさんはこの頃の心境を「ボブの世話をするという責任感が、自分に生きる力を与えてくれた」と話す。

また、「ボブが自分を必要としてくれている、だから元気でいなきゃ」と、薬物依存から抜け出すこともできた。

 

書籍化・映画化が実現、猫が変えてくれた人生

完璧すぎる2人、その様子が編集者の目に留まった。

そして、2人の物語は2012年に「A Street Cat Named Bob」という一冊の本になり、世界28カ国で30もの言語に翻訳され出版された。日本でも「ボブという名のストリート・キャット」というタイトルで出版され、感動を呼んだ。

みんな読んだ?
みんな読んだ?

これの本が世界中で大ヒット。イギリス国内だけでも100万部以上、世界中では900万部を超える大ベストセラーになった。映画化もされ、日本でも2017年に公開された。

その後もジェームズさんはボブについての本をいくつか執筆。元ホームレスの売れないミュージシャンだった頃からは、想像できない。

独り者同士が起こした奇跡。
独り者同士が起こした奇跡。

ジェームズさんとボブの出会いは、必然だったようにしか思えない。お互い行く場所がなく、身を寄せ合ったら、完璧な相棒同士だった。

次に2人が起こす奇跡は何だろう?

Source:StreetCat Bob

 

最後まで読んでくれてニャりがとう♡こっちも読んでみて。

▼ 人間の運命を変えた、伝説となった猫たち。

Similar articles:

「永遠の子猫」リルバブが死去。多数の遺伝子疾患を持って生まれた奇跡の猫。
「永遠の子猫」リルバブが死去。遺伝子疾患を持って生まれ、数々の奇跡を起こした猫。

ありがとう、リルバブ。あっちで、きっと今頃走り回って遊んでいるかな。   奇跡の猫リルバブが死去 今週月曜日、240万人ものフォロワーを持つ全米で大人気の猫 “リルバブ” のインスタグラ

「世界一不機嫌な猫」グランピー・キャットが他界。世界をご機嫌にしたその猫生とは?!
「世界一不機嫌な猫」グランピー・キャットが他界。世界をご機嫌にしたその猫生とは?!

眉間にシワがよった睨みつけるような青い目、下がりすぎた口角。誰もが一度は、その仏頂面の猫の写真を見たことがあるだろう。 あまりにも不機嫌そうなその顔立ちから、「グランピー(Grumpy:不機嫌な)・キャット」と呼ばれてい

                       

おすすめニャース:

破損したキャリーから逃げ出し空港で迷子になった猫。2ヶ月の捜索の末、無事に見つかり家族と再会!

2019.12.11

破損したキャリーから逃げ出し空港で迷子になった猫。2ヶ月の捜索の末、無事に見つかり家族と再会!

最高のクリスマス・プレゼントだね!   空港で迷子になってしまった猫 今年10月3日、2匹の兄弟猫のミロ(キジ白猫)とボー(白猫)を住むモリーさんは4年間のドイツ暮らしを終えて、故郷であるアメリカに帰る飛行機に乗った。 ...

イングランドの自然豊かな農場に "お猫さま専用" の高級ホテルがオープン。これならお留守番も悪くニャイ?

2019.12.09

イングランドの自然豊かな農場に “お猫さま専用” の高級ホテルがオープン。これならお留守番も悪くニャイ?

クリスマス、年末年始。今年も猫にとってお留守番が多くなりそうな季節がやってきた。   お猫さま専用の高級ホテル ...

本屋さんの看板黒猫ズ、先代猫の後を引き継ぎお客さんと家族を笑顔にする日々。

2019.12.08

本屋さんの看板黒猫ズ、先代猫の後を引き継ぎお客さんと家族を笑顔にする日々。

本屋には、猫が必要ってことだね!   本屋の看板猫が亡くなった 猫と本屋は相性がいい。本屋の中は落ち着いてるし、なんといっても哲学的な雰囲気が猫にとってもよく合う。 ...

todaysmeows
                       

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。