to the TOP

猫が救った台湾の猫村「猴硐(ホウトン)」。ゴーストタウンから世界的観光地へ!

                               

台湾には、猫に救われた村がある。

 

280匹以上の猫が住む猫の楽園「猴硐(ホウトン)」

台湾の首都、台北から電車で40分ほどのところにある駅「猴硐(ホウトン)」。この駅に到着した瞬間に、多くの人がこの駅で降りる理由がすぐにわかるだろう。

最近人気の観光地「九份」の最寄駅のすぐ隣!
最近人気の観光地「九份」の最寄駅のすぐ隣!

駅から伸びる陸橋は外見が猫になっており、全体がキャットウォーク。いたるところに猫トイレと猫ハウス・ベッドが置かれている。村中どこを見ても猫のイラストや猫モチーフの何かがある。

村人(?)のお家発見!
村人(?)のお家発見!

そしてなんといっても、可愛すぎるモフモフの住民、猫民たちが280匹以上が自由気ままにノビノビと暮らしている。

猫がこんなにたくさんいると興奮する!
猫がこんなにたくさんいると興奮する!

そう、猴硐(ホウトン)は台湾にあるの猫が住む猫村。ここの猫に会いに、世界中から猫好きが集まっている。

この観光地のメインがこちらです。
この観光地のメインがこちらです。

 

ゴーストタウンから世界的観光地へ

この猫村は1900年代初頭には、台湾一の技術が栄えた台湾きっての炭鉱の町として有名だった。約6,000人の住民と労働者が住んでおり活気に溢れていた。

鉱山が1990年に閉山した後は若者が次々に村を離れ、人口は約100人まで減少。まさにゴーストタウン、一部は廃墟と化した。

猫の向こうに今も残る廃墟。
猫の向こうに今も残る廃墟。(写真:foreignersintaiwan

しかし2010年、SNSが盛んになった頃、猫好きの間で「ここ、すごい猫がいっぱいいる」ということが噂になり始めた。

猴硐(ホウトン)に住む猫の写真がインターネットの海に放たれ、世界中の猫好きの注目を集めた。「猴硐(ホウトン)=猫村」の数式が完成した。

猫はSNSの覇者だから。
猫はSNSの覇者だから。

このチャンスを見逃さなかった猴硐(ホウトン)、しっかりとその流れを掴み、猫人気に乗って村のPRを開始した。

きっちり猫人気に便乗!
きっちり猫人気に便乗!

2012年には猫ランタン祭りが開催された。2013年にはCNN「猫好きなら行くべき世界のネコ観光地TOP5」の選ばれ、今や世界中から年に100万人を超える観光客が訪れる猫好きのメッカとなった。

猫が村を生き返らせた。

猫の人気ってほんとすごい。
猫の人気ってほんとすごい。

 

台湾の猫村で猫を愛でよう

約280匹もの猫は村中を自由に歩き回る。首輪が付いていたりニックネームがある猫もいて、野良猫と飼い猫の区別はあんまりつかないが、ここの猫は村ぜんぶの住民から愛されている。

湿気が高いせいか、あまり活発的ではなく、猫がずっとぐうたらしている日もある。

「接客業って大変なんだヨ・・」
「接客業って大変なんだヨ・・」

しかし、ほとんどの猫は連日訪れる観光客に慣れているため、横を通っても、「かわいい〜!」と黄色い声をあげても、写真を撮っても、ナデナデしてもおかまいなし。

だいたいのカフェが猫カフェ状態。席を外した瞬間に猫に席を奪われることもある。

「ここ、予約席でした?」
「ここ、予約席でした?」

 

人気の影でこんな暗い影響も

しかし、地元住民によると、観光客に混じって猫を置いてけぼりにするために村を訪れる人もいるという。現在約280匹以上の猫が暮らしているが、そのうち50匹はここ過去2年間で村にやってきた新入り猫。

また、地元住民やボランティアによって予防接種や定期的な治療はされてはいるが、観光客から日々たんまりとオヤツをもらっているので健康も心配だ。

「そりゃオヤツ差し出されたら、食べちゃうよね」
「そりゃオヤツ差し出されたら、食べちゃうよね」

猫によって息を吹き返した台湾の猫村。ヒトも猫も増えたが、両方が幸せに暮らせる村であり続けて欲しい。

Photo:Caters Clips

 

最後まで読んでくれてニャりがとう♡こっちも読んでみて。

▼ いろんな猫の街があるんだよ!

Similar articles:

ネコが好きすぎるロシアの猫街・ゼレノグラーツク。ネコ長官、ネコ信号、ネコ美術館でネコづくし。
ネコが好きすぎるロシアの猫街・ゼレノグラーツク。ネコ長官、ネコ信号、ネコ美術館でネコづくし。

ロシア西部にあるリゾート地、ゼレノグラーツクはも世界有数の “猫の街” として知られる。ただこの街は、少々、猫好きが過ぎている。   どこでもネコがいっぱい この街に来た観光客がまず挨拶

猫密度が高すぎるイスラエル。増えすぎた猫は今後どうなるのか。
猫密度が高すぎるイスラエル。増えすぎた猫は今後どうなるか。

猫がたくさんいる街は猫の街として人気だが、猫が多すぎる国はどうか。   猫密度は日本の約4倍 イスラエスに着くとまず気づくこと。それは、猫がたっくさんいること。街中はどこを見ても、猫・猫・猫・・・。 それもその

                       

おすすめニャース:

2019.09.13 トルコの美しすぎる世界遺産「アヤ・ソフィア」に住む猫のグリ。やはり神さまは猫のお姿をしているようだ。

2019.09.14

トルコの美しすぎる世界遺産「アヤ・ソフィア」に住む猫のグリ。やはり神さまは猫のお姿をしているようだ。

やっぱり猫には神さまが宿っているに違いない。   美しすぎる世界遺産に住む猫 ...

猫がいる世界の5つ星ホテル4選。一流の猫ホテルマンが気まぐれにゲストをおもてなしするニャン。

2019.08.22

猫がいる世界の5つ星ホテル4選。一流の猫ホテルマンが気まぐれにゲストをおもてなしするニャン。

旅先で猫が恋しくなったことはないだろうか? でも大丈夫、世界には猫がいるホテルがいる。5つ星の高級ホテルにだっている。贅沢なホテルで食事や客室を優雅に楽しみながら、猫を愛でる旅はいかがだろうか。   気品しか感じない白猫ファラオン(フランス・パリ) これぞまさに...

猫のため、動物に優しくあるため、サイレント花火を使用を決めたイタリアの町。

2019.07.21

猫のため、動物に優しくあるため、サイレント花火の使用を決めたイタリアの町。

ヒトには物足りないかもしれないが、猫は静かな夜が好き。   花火は動物にとって怖いもの 日本では夏の風物詩として、お祭りの象徴として、お祝いのフィナーレとして、ヒトが大好きな花火。 ヒュルルル〜〜〜・・・ドーン!!という音が、風情があって特に好きというヒトも多いだろう。 ...

todaysmeows
                       

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。