to the TOP
燃えるイギリス総選挙、世界の関心はブレグジットよりも【猫 VS 犬】?!お茶の間の猫犬たちも巻き込まれる。

燃えるイギリス総選挙、世界の関心はブレグジットよりも【猫 VS 犬】?!お茶の間の猫犬たちも巻き込まれる。

                               

人のいざこざに巻き込まれるのは、ごめんだ。

 

総選挙に隠された本当の戦い

イギリスで2016年に国民投票でブレグジット(イギリスのEU離脱)支持派が僅差で勝利した。しかしその後に「本当にいいの?!」とEU離脱の是非を問うような動きがでたりして、3年経っても一向に進まないブレグジット。

こじれにこじれ、当時の与党党首であったテレサ・メイ前首相は期限内にブレグジットを実現できなかった責任を問われ辞任。


猫が次期首相になるとも言われたよね:

英メイ首相が辞任。国民が注目するのは首相官邸の公式ネズミ捕獲長の猫のラリー!


後任のボリス・ジョンソン現首相はブレグジット推進のため、2022年6月に予定していた総選挙を今月12日に前倒しで実施。

「Get Brexit Done(ブレグジットを終わらせる)」という強いスローガンを掲げるボリス・ジョンソン現首相が率いる与党の保守党と、もう一度民意を問うべく国民投票の実施を訴えるジェレミー・コービンが率いる最大野党の労働党の戦いとなった。

ボリス・ジョンソン首相(左)とジェレミー・コービン氏(右)
ボリス・ジョンソン首相(左)とジェレミー・コービン氏(右)

しかし、この人々の政治のいざこざの裏側で起こっていた本当の戦いをご存知だろうか。

それは、【猫 VS 犬】である。

時には親友のように仲良しになる猫と犬。しかし「猫こそお家で最も愛されるふわふわアイドル」という決定的事実に関して、犬はどうやら納得していない模様。

イギリスの総選挙で、決着をつける時がきた。

仲良しだけど、「どっちが良い」って言われると、話は別だよね。
仲良しだけど、「どっちが良い」って言われると、話は別だよね。

 

猫派と犬派、決着をつけよう

与党である保守党のボリス・ジョンソン首相は、首相官邸で “ネズミ捕獲長” として勤務する猫のラリーの反対を押し切りつつも、犬のディリンを官邸に迎え入れた生粋の犬派。


詳しくは過去ニャースで:

英ジョンソン首相、犬を首相官邸に迎える。ネズミ捕獲長の猫ラリーとの対立に懸念広がる。


一方で、最大野党である労働党のジェレニー・コービン氏は自身のtwitterに愛猫であるエルガトを登場させるほどの猫好き。

犬派であるボリス・ジョンソン率いる保守党対、猫派であるジェレミー・コーベン率いる労働党の戦いは加熱。一部の犬派(保守党派)のメディアはジェレミー・コービン党首の猫のエルガトまでもやんわり批判するまでに。

これに対しジェレミー・コービン党首は「すべての批判は受け入れる。しかし、猫のエルガトへの批判されても・・・猫はなんと言い返したらいいのだ?!」と怒りのコメント。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Jeremy Corbyn (@jeremycorbyn) on

今回の総選挙の論点はブレグジットの是非であったはず。しかし国民、いや世界の関心はすっかり【犬 VS 猫】になってしまったに違いなかった。

 

猫、投票を拒否

そして【犬 VS 猫】の政治争いは、お茶の間の犬猫も巻き込むことになる。

投票には自身の犬を連れていく人々が現れ、SNS上には「#dogsatpollingstation」(犬、投票場行きます)のハッシュタグが生まれ、投票場で人の投票を健気に待つ犬の写真が次々と投稿された。

犬派を率いるボリス・ジョンソン首相も、愛犬のディリンを連れて投票場を訪れた。

これに対する猫派はどうか。

 

・・・もちろん「#catsatpollingstation」(猫、投票場行きます)のハッシュタグは生まれた。

しかし、投票場に現れたのはごくごく一部のお外フレンドリーな猫か、もしくはたまたまそこに居合わせた野良猫たちであった。

粗方予想がついているように、多くの猫は投票場に行くのを拒否。選挙よりもお家でヌクヌク過ごすことを選んだ。

その結果、犬派のボリス・ジョンソン首相率いる保守派が大勝した。

猫からすれば、人のいざこざに興味はないし、ましてや巻き込まれるのはごめんだったに違いない。そもそも「猫が最高」なのは疑う余地もなく、それに選挙は必要ない。

犬は事実上の不戦勝をした。

勝利したボリス・ジョンソン首相は2020年1月31日予定しているEU離脱を進め、その後11ヶ月間の「移行期間」に入る。

しかしまだまだ多くの難題が残っていると言われるブレグジット。こじれるイギリスとそれに巻き込まれる猫犬たちに、これからも注目したい。

*一部ジョーク混じりでお送りしています。犬派猫派と支持政党は関係ありません。

 

最後まで読んでくれてニャりがとう♡こっちも読んでみて。

▼ 首相官邸のラリー捕獲長は、今回の選挙に関してどうコメントするのかな。

Similar articles:

鉄壁のハズだったセキュリティの穴をついたのは、猫のラリー!【米トランプ大統領の英訪問の舞台裏で】
鉄壁のハズだったセキュリティの穴をついたのは、猫のラリー!【米トランプ大統領の英訪問の舞台裏で】

何かとゴタつくイギリス政治。またもネコのラリーがやってくれた。 大統領専用車両の下を封鎖する、一匹のネコ 6月4日、イギリス・ロンドンを訪問中の米トランプ大統領と、辞任が決定しているメイ首相との首相会談が行われた。 (関

政府ニャンコはラリーだけじゃない!イギリス・外務省の公式ネズミ捕獲長の猫のパーマストン。
政府ニャンコはラリーだけじゃない!イギリス・外務省の公式ネズミ捕獲長の猫のパーマストン。

イギリスは政治もゴタついているが、そこに務める猫同士もゴタついているようだ。 イギリス外務省の公式職員、猫のパーマストン イギリス政府に務める猫といえば、おなじみ、首相官邸住み込みでネズミ捕獲長として働く猫のラリーが有名

                       

おすすめニャース:

家族に素敵なプレゼント(盗品)を贈る泥棒猫のキジーにご注意。手癖の悪さはピカイチ。

2020.02.07

家族に素敵なプレゼント(盗品)を贈る泥棒猫のキジーにご注意。手癖の悪さは引っ越しても治らない。

「お魚咥えたドラ猫、追っかけて~」の歌があるように、日本で猫がぬすんでくるといったら魚をイメージする人が多いのではないだろうか。 しかしその猫のイメージとは一転、今回ご紹介する猫は、何でもかんでも盗んできてしまう泥棒猫の話である。   金目のものばかり盗んでくる泥棒猫 ...

所持品を売り、茶トラ猫を連れてバンで世界中を旅するカップル。「猫は最高の旅のパートナー」

2020.02.05

所持品を売り、茶トラ猫を連れてバンで世界中を旅するカップル。猫がいる旅は2倍楽しい!

次はどこに行くのかな?   猫と一緒に旅で生活するカップル イギリス出身のカップル、テオさんとビーさん。テオさんは映画製作会社を経営し、ビーさんは動物愛護について大学で学びながら動物病院で働いていた。   ...

毎日一緒にお散歩に行くクールなグレ白コンビのニャンコとワンコ。今日はどこ行く?

2020.02.04

毎日一緒にお散歩に行くクールなグレ白コンビのニャンコとワンコ。今日はどこ行く?

モノトーンがかっこいいコンビ イギリス西武の湾岸都市・ブリストル。ここにクールなグレ白コンビがいる。 それも、ニャンコとワンコのコンビだ。 View this post on Instagram A post shared by Archer...

todaysmeows
                       

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。