to the TOP
世界で唯一の「運河に浮く船上ネコシェルター」。全ては1人のネコ婦人による保護猫活動から始まった。

世界で唯一の「水に浮く船上ネコシェルター」。全ては1人のネコ婦人による保護猫活動から始まった。

                               

オランダの首都・アムステルダムの街中を走る美しい運河。交通手段だけではなく、生活の場にもなっている運河の上には、お家や劇場など様々な施設がプカプカと浮いている。

でも、浮く猫シェルターはたぶん、ここだけ。

プカプカ水に浮く?!猫シェルター!

「de Poezenboot」、通称キャット・ボート(猫の船)と呼ばれるこの猫シェルター(猫を野良から保護し里親を見つける施設)は、施設がまるごと船になっている。

オランダ・アムステルダムでならではの猫シェルター!
オランダ・アムステルダムでならではの猫シェルター!

水面にプカプカ浮いている船の中には、常時50匹程度のネコ達がいる。

そのうちの15匹はこの施設に永住するネコだが、そのほかは里親を探しているネコたち。

水の上で暮らすニャンコたち!
水の上で暮らすニャンコたち!

ここで暮らすネコたちは、毎日、運河に浮く船の中から街を眺め、時には運河にいる水鳥を威嚇したり狩りのイメージトレーニング(?)をしながら過ごしている。

い、いつかお前たちを狩ってやるんだからな・・!
い、いつかお前たちを狩ってやるんだからな・・!

ネコ好き婦人の保護猫活動から始まった

キャット・ボートの始まりは、約50年前の1966年に地元で「キャット・レディー」(意味:ネコ婦人)と呼ばれていた婦人による保護猫活動。

母ネコと子ネコのネコ一家を保護したのが始まりだった。
母ネコと子ネコのネコ一家を保護したのが始まりだった。

婦人は大のネコ好きで、路上で暮らすネコを見かねて、自分のお家(陸地)に保護した。しかし、ネコが増えすぎてお家が手狭になってしまった。

当時のアムステルダムは、陸地の住宅価格が高騰していた時期。反対に、水上の住宅では税金もかからなかったため、所得の低い人々が、古い貨物船などを利用して生活しはじめた頃だった。

そのため、ネコ婦人は保護したネコたちを水上のハウスボートを改装した施設に移し、船上ネコ・シャルターが誕生した。

当初のキャット・ボート。
当初のキャット・ボート。

しかし、設立から今までずっと順調だったわけではない。一度は当局に撤退を求められた。ボートが壊れちゃった時もあった。

1987年には正式に非営利団体として運営されるようになり、ネコのためになんども改築をし、ついに2001年に動物保護施設として法的要件を満たして運営ができるようになった。

1人のネコ婦人が始めた保護活動が、こんな形になるなんて、きっと当時は誰も想像していなかっただろう。

ネコが安全で濡れないよう、船はなんども改良されてるよ!
ネコが安全で濡れないよう、船はなんども改良されてるよ!

みんなの愛と協力で成り立つ船上ネコ・シェルター

設立をしたネコ婦人は、2005年に90歳で亡くなる直前までネコのお世話をし続けた。

現在、キャット・ボートは約25名のボランティア・スタッフによって管理運営がされている。

ネコ婦人のパッションが人々を動かした。
ネコ婦人のパッションが人々を動かした。

ネコの里親希望の人でなくても、誰でも入場できることから、今や「ネコ愛好家がアムステルダムで立ち寄りたいナンバーワン・猫スポット」になっている。

入場料はかからないが、立ち寄った多くの観光客が寄付をしていくという。

ネコと水鳥の攻防は運河の観光クルーズの人気アトラクション!
ネコと水鳥の攻防は運河の観光クルーズの人気アトラクション!

アムステルダムならではのネコ・スポット。一度は行ってみたいね!

写真:INDIA TODAY

                       

おすすめニャース:

アートとミュージックをクリエイティブに楽しむお洒落すぎる猫カフェ。これが猫カフェってマジ?!

2020.02.08

アートとミュージックをクリエイティブに楽しむお洒落すぎる猫カフェ。これが猫カフェってマジ?!

いい意味で、本当に猫カフェらしくない。   お洒落にもほどがある猫カフェ 猫カフェといえば、快適であったかい場所で、猫と戯れながらお友達とお茶やお喋りを楽しんだりする、という感じのイメージを持つ人が多いのではないだろうか。 ...

"世界一悪い猫" と評された猫、世界的に有名な猫に。女王気質の猫に仕えたい!と里親希望が殺到。

2020.02.03

“世界一悪い猫” と評された猫、世界的に有名な猫に。女王様な猫に仕えたい!と里親希望が殺到。

今頃どんなことして家族を困らせてるかな?   世界一悪い猫?! アメリカ・ノースカロライナ州にある動物シェルターが、ちょっと変わった猫の里親募集をSNSに投稿した。 ...

里親募集中の子猫たちがいるカナダの古本屋。子猫と一緒に本を読んでくつろいでいたらもう離れならない関係に。

2020.02.01

里親募集中の子猫たちがいるカナダの古本屋。子猫と一緒に本を読んでくつろいでいたらもう離れならない関係に。

意外なところで出会ったほうが、運命は強く感じちゃったりするもんね。   猫をお膝にのせて本を読む幸せ 本が好きな人の多くは、きっと猫も好きだろう。猫はなんか知的な雰囲気で本とよく似合うし、猫をお膝にのせてあったかいコーヒーを飲みながら本をゆっくり飲む時間は幸せそのもの。 ...

todaysmeows
                       

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。