to the TOP
世界の富豪ネコたち!!その資産額に驚愕。

世界の大富豪ネコたち!!その資産額に驚愕。

                               

みニャさん、お仕事おつかれさまです!!

日々汗水垂らして人間と遊ぶ仕事をこなし、ほぼ毎日同じご飯を食べ、睡眠不足で今日は20時間しか寝れてない!と嘆くそこのニャンコたち、本当におつかれさまです!!

でもそんなあいだに、遺産やビジネスで巨額の富を手にした富豪ニャンコたちは、日当たりの良いお家で毎日専属シェフがつくった魚と肉た〜っぷりのおいしい料理を食べて、ビーチでゆっくりしてるかもしれない。

そんな羨ましい(?)世界の富豪ニャンコを紹介するよ!

ブラッキー:資産 約13億円(イギリス)

ギネス記録世界1の大富豪!ブラッキー
ギネス記録世界1の大富豪!ブラッキー(写真:The Catington Post

2011年、ギネスで “世界一リッチな猫” と認定された黒猫ブラッキー(Blackie)。

イギリスの骨董商であったベン・リーは1988年に亡くなった際、巨大なお家で一緒に暮らしていたニャンコに資産を相続。ブラッキーはその15匹のうち最後まで生きたニャンコだった。

ベンは人間の親族への相続を拒否。

ニャンコたちの世話をよろしくー、との遺言とともに、残りの遺産は3つの猫の保護団体へ寄付された。

今、ブラッキーがどこで何をしているのかの情報はないが、生きていれば相当贅沢な老後を送っていることだろう。

トマソ:資産 約14億円(イタリア)

資産家のおばあちゃんに愛されたトマソ
資産家のおばあちゃんに愛されたトマソ(写真:The Catington Post

続いても遺産で巨額の富を手にした黒猫、イタリアのトマソ(Tommasino)。

トマソは資産家だったマリアおばあちゃんがローマの道端で出会ったニャンコ。

マリアおばあちゃんの夫は既に他界し、子供もいなく、人間の家族がいなかった。マリアおばあちゃんは2011年に94歳で亡くなった際、ローマ、ミラノ、カラブリアの土地を含む、彼女の遺産全てをトマソに相続した。

最初は、遺産の全てを猫の保護団体に寄贈し、トマソの世話も頼む予定だったらしいが、トマソを安心して預けられる団体がなかったとか。

しかし、イタリアの法律では動物への相続は認められず、結局はマリアおばあちゃんの世話係人間だったステファニーが「トマソを生涯心から愛し、一緒に楽しく暮らしていくこと」を約束して代理相続することが認められた。

ステファニーはマリアおばあちゃんが資産家だったと知らなかったというから驚きだ。

今、トマソはステファニーとゆっくりと幸せな毎日を過ごしていることだろう。

タルダ・ソース、通称 “グランピー・キャット”:資産 約100億円以上(アメリカ)

2012年に投稿された世界的に有名になるきっかけになった写真
2012年に投稿された写真。ここから富豪街道を駆け上がる!(写真:Imgur

”グランピー・キャット” (Grumpy Cat – 不機嫌な猫)との愛称で世界的に有名になった超セレブ・ニャンコ。

その超・不機嫌そうに下がりまくった口角の特徴を活かし、様々なビジネスを展開している。

様々な会社のCMなどの広告で起用され、キャラクターとしても大人気になり、グッズが売り出され、映画に出演し、ついにはグランピー・キャットという名の会社まで設立してしまったほど。

インスタグラムのアカウントも超セレブ級の約250万フォロワーだ。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Grumpy Cat (@realgrumpycat) on

グランピー・キャットの資産額の詳細は明らかにされていないが、既に100億円以上を稼ぎ出していると言われている。間違いなく、世界一稼いでいるニャンコだ。

ビジネスチャンスを狙う読者ニャンコさんたち、ちゃんとインスタはやっておこう!

*グランピー・キャットは実際には不機嫌ではなく、骨格形成の関係で下顎が出てしまったらしい。実際はかなり明るいヤツだって評判だ!

シュペット:資産 約3億円以上(フランス)

有名デザイナーが惚れ込んだ美しすぎるニャンコ
有名デザイナーが惚れ込んだ美しすぎるニャンコ(写真:@choupettesdiary

人間に大人気の超高級ブランド、シャネルって知ってる?

そのシャネルのデザイナーを務めるファッション業界の超有名人間、カール・ラガーフェルドと一緒に暮らすニャンコがシュペットだ!

シャネル感溢れる、その凡猫離れした高級で美しすぎる見た目、どこに行っても落ち着いた大人な性格に、人間パパのカール・ラガーフェルドはベタ惚れ!最初は他の人間と暮らしてたシュペットに惚れこみすぎて略奪したっていうから、その愛は深い。

なんでも買ってくれそうなパパ
なんでも買ってくれそうなパパ(写真:@choupettesdiary

カール・ラガーフェルドと共にプライベート・ジェットに乗って旅をし、遊んだり毛並みをとかしたり目のお手入れをお手伝いする専属のメイド人間が2人もいる。

こう書くとまるで単にお金持ちのお嬢様ニャンコのようだが、シュペットはそのルックルを活かし、様々なブランドのイメージモデルも務め、2014年には1年間で2つだけお仕事をして約3億円以上稼いだ “実はビジネスもできるニャンコ” だ。

惚れすぎている人間パパ、カール・ラガーフェルドはこう話す。

「シュペットには食べ物関連の仕事はさせたくない。もっと洗練された仕事が合っているからだ。彼女は他が持っていないものを持っている。個性豊かで物静か。子供と他の動物が嫌い。彼女は私の世界の中心だ。彼女を見たらわかるだろう。彼女は特別なんだよ。動き方も、遊び方でさえも。エレガントとは、彼女のことをいうんだ。」

大物デザイナーをここまで言わすシュペット、、、どんだけ美魔ニャンコ?!

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Choupette Lagerfeld (@choupettesdiary) on

                       

おすすめニャース:

本屋さんの看板黒猫ズ、先代猫の後を引き継ぎお客さんと家族を笑顔にする日々。

2019.12.08

本屋さんの看板黒猫ズ、先代猫の後を引き継ぎお客さんと家族を笑顔にする日々。

本屋には、猫が必要ってことだね!   本屋の看板猫が亡くなった 猫と本屋は相性がいい。本屋の中は落ち着いてるし、なんといっても哲学的な雰囲気が猫にとってもよく合う。 ...

「永遠の子猫」リルバブが死去。多数の遺伝子疾患を持って生まれた奇跡の猫。

2019.12.04

「永遠の子猫」リルバブが死去。遺伝子疾患を持って生まれ、数々の奇跡を起こした猫。

ありがとう、リルバブ。あっちで、きっと今頃走り回って遊んでいるかな。   奇跡の猫リルバブが死去 今週月曜日、240万人ものフォロワーを持つ全米で大人気の猫 "リルバブ"...

メガネ屋さんの助手猫、子供たちのためにメガネのお手本を見せる。「メガネは怖くないよ」

2019.11.30

メガネ屋さんの助手猫、子供たちのためにメガネのお手本を見せる。「メガネは怖くないよ」

猫ってやっぱり招き猫!   メガネをかけたメガネ屋さんの猫 アメリカ・ペンシルベニア州にある "A Child's Eyes" は、子供用メガネ専門のメガネ屋さん。ここで助手を務めるのは、フワフワの猫のトリュフ。 View this post on...

todaysmeows
                       

Read the awesome cat news from the world.

猫ってほんとにかわいくって、勇敢で、賢くって、おもしろい。
今日、ニャースを読んで猫をもっと好きになる。